雨で足元グチャグチャ…自転車シューズはどうすれば?

雨で足元グチャグチャ…自転車シューズはどうすれば?


自転車で出かけたいのに外は!全身びしょ濡れになることを考えると気分が落ち込みがちになるかと思います。そこで以前の記事では、お助けアイテムである自転車用のレインウェアを紹介致しました。これで全身カバーできると思いきや、実は足元が残っています。乾きづらくニオイも気になる足元の濡れは、不快感が大きいです。一日グチャグチャで過ごすことは絶対に避けたいもの。そこで今回は、自転車走行にも強い足元雨対策をご紹介します!レインブーツにカバーに撥水スニーカー…あなたは何派ですか?

ゴム長靴じゃダメ?レインブーツ

these boots were made for cycling
水の足元の侵入を防ぐとなると、やはりはじめに思いつくのはレインブーツではないでしょうか?しかし、自転車に乗ることを考えた場合、いわゆるの「ゴム長靴」では不便な部分も出てきます。例えば、傘を差していれば問題のなかった上部隙間からの雨の侵入があるかもしれません。また、ペダルを漕ぐにあたっては靴底のフィット感がなく、足を曲げるのも難しいですよね。

あの”野鳥の会”がレインブーツ?

機能もおしゃれも実現したいレインブーツですが、サイクル用として商品展開しているものは少ないようです。そこで、かわいくて優秀な「バードウォッチング長靴」をご紹介致します。「日本野鳥の会」が出している商品で、アウトドア用に設計されています。軽い上にコンパクトに丸めて収納することができますし、足を曲げてもフィット感があります。上部のしぼりも雨の侵入を防げますね。男女兼用のサイズ展開と5色から選べる点も嬉しいです!雨の日のサイクリングを楽しいものにしてくれるおしゃれさがあります。

普段の靴に!シューズカバー

musa shoe cover
通勤・通学などで自転車を使用している方は、制服やスーツに合った靴を履いているのではないでしょうか?室内に入ってからレインブーツから履き替えるのも手ですが、手間がかかり荷物も増えるでしょう。そこで、普段の靴から雨を守れるアイテムとして、被せるだけのシューズカバーはいかがでしょうか?

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月10日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz