ベルは鳴らしちゃダメ?ベルの矛盾と話題のおしゃれベルをご紹介

ベルは鳴らしちゃダメ?ベルの矛盾と話題のおしゃれベルをご紹介


皆さんは自転車にベルをつけていますか?自転車にはベルはつきものですが、どうやら法律的にややこしいことになっているようです。今回の記事では、初心者なら知っておきたいベルの知識と、どうせつけるならオシャレなものがいい!ということでおすすめのベルを紹介していきます。

ベルは必須?!鳴らしちゃだめ?

Bike bell
子どもの頃に乗っていたシティサイクルではベルは必ず付いていましたよね。目的もなくベルを鳴らして遊んだ経験があるのではないでしょうか。しかし、実は今ベルの使用してはいけないとされているのをご存知でしょうか?自転車は基本、車道を走ることになるので、歩行者に対してベルを鳴らすことは原則として禁止されています。そして問題になっていることがもう1つ。鳴らしてはいけないベルですが、自転車にベルをつけることが義務化されています。使っちゃいけないベルを付けなければいけないなんて、矛盾していますよね。

bug and bell
結果的にベルを付けなければいけないということであれば、せっかくならおしゃれなものがいいですよね。自転車の雰囲気に合わせたものなのか、とにかく目立たないように小さいものをつけるのか、人によって様々です。実際にはどんなタイプのベルが存在するのでしょうか。

自転車のベルの大きさや付ける場所にも色々?

hells bells
ベルは、音をならして相手に自分の存在を伝えることができます。逆にその機能が備わっていればベルの役割を果たしているということになるのでしょうか。実際に世の中に存在するベルの中には、小さくて目立たない、ついているかどうか分からないものや、ハンドルの端につけるもの、ハンドルに付けずに自転車のフレームに付けるタイプなども存在します。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz