雨の日って最悪?自転車お助けレインウェアの選び方!

雨の日って最悪?自転車お助けレインウェアの選び方!


機能性は素材にあり!

Colorful Cloth
機能性を追求する場合、その素材が鍵を握っています。ビニール製防水透湿素材を使用したものであれば、豪でも水が中まで入ってくる事を防ぎ、ムレによる不快感もありませんよ。軽さ、防水などの機能を重要視するかでも変わってきますね。素材別におすすめレインウェアを紹介していきます!

ナイロン製:ザ・ノース・フェイス ストライクジャケット

動きやすさやコンパクトな収納を考えた場合、ナイロン製はいかがでしょうか?急な雨の時にも対応もできますよね。ノースフェイスのストライクジャケットは、超極薄ナイロンの使用で最軽量を実現しています。加えてストレッチ性、耐水性、透湿性も高いという優れものです。二色遣いもおしゃれですよね!

ゴアテックス製:モンベル レインダンサージャケット

防水透湿性能に優れている最高級の素材がゴアテックスです。ムレによる不快感も最小限であるため、愛用者の使っている多くのレインウェアはこのゴアテックスと言っても過言ではないでしょう。それだけに高価にもなるのですが、モンベルのレインダンサージャケットはコストパフォーマンスも良いですよ!ビビッドな色は暗い天気に華を与えますね。

まとめ

自転車にとって雨は悩ましいものだと思いますが、一つレインウェアがあるだけで頼れる仲間が増えたような気持ちになれるのではないでしょうか?濡れを防ぐだけでなく、どんより曇り空を晴らしてくれるようなおしゃれさも持ち合わせているウェアが沢山ありますよ。用途に合わせてお気に入りの一着を見つけてみてくださいね!

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "雨の日って最悪?自転車お助けレインウェアの選び方!"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
ロビン

これからの梅雨の時期、自転車通勤、通学の方は確かに憂鬱になります。記事にも紹介があったメーカーは、登山・アウトドアメーカーとして実績があり、信頼のおけるものです。カッパとしては、少しお値段が張るかもしれませんが、それに見合うだけの耐久性を備えてるものが多いです。ここで私が着目したいのは、その快適性も去ることながら、【色(カラー)】でしょうか。女性の方は、雨でどんよりした気分を向上させるために、カラフルな色を選ばれる方もいるでしょう。
しかしながら、色にはもっと重要な役目があります。それは、ライダーの存在をドライバーに認識してもらう事、それにより、事故発生確率を低下させ、双方の安全性を向上させる点です。できるだけ、黒や紺より、蛍光色やシルバーといったものを選ぶのがよいでしょう。雨での視界の悪さは、車を運転するドライバーも同じです。いち早く、ドライバーにも発見してもらう必要があります。
特に、雨降りの夜は、かなり視界が悪いですからね~

wpDiscuz