雨の日って最悪?自転車お助けレインウェアの選び方!

雨の日って最悪?自転車お助けレインウェアの選び方!


自転車に乗っている人にとって、の日は特にショックの大きいものではないでしょうか?何より体が濡れますし、視界も悪くなるため極力避けたいものです。しかし、それでも自転車に乗る必要がある時や、急に雨に降られることもあるかと思います。気持ちが沈んでしまいがちな状況を少しでも楽しくする方法はないのでしょうか?今回は雨降りサイクリングの強い味方であるレインウェアの種類、素材、選び方のポイントについてご紹介します!

傘はダメ!自転車用の雨具たち

Ferrara Cycle Chic_98
雨具といえば傘を思い浮かべると思いますが、自転車においては安全運転に支障を来すためNGです。では他にどのようなアイテムがあるのかと言いますと、レインウェア、シューズカバー、フェイスシールドなどが挙げられます。突然の雨にも対応できるためぜひ揃えておきたいアイテムですが、中でもレインウェアは雨をダイレクトに受ける自転車走行において、全身を覆ってくれるお助けアイテムになるのではないでしょうか?

カッパじゃダメ?自転車用のレインウェア

Hoody
私たちが最も身近に感じるレインウェアは、ビニール製のいわゆる「カッパ」と呼ばれるものだと思います。しかし自転車は徒歩とは異なり、湿度が高い中でエネルギッシュに動きますよね。丈夫で耐水性に優れたものを選びたいですし、熱のこもりやムレも気になるところ。機能性を携えたレインウェアを手に入れたいですね。

レインウェア選びのポイント:ぴったりのサイズ

Kámošky do deště :)
自転車は体を動かす乗り物なので、サイズに注意が必要です。小さいサイズのものを着用してしまうと、きつくて体が動かしづらくなります。また、腕を上下した際に中の洋服がはみ出して濡れてしまうという事態にもなりかねません。逆に大きなサイズですと、隙間から雨が入ることが考えられますね。裾が長すぎて車輪に絡まる危険もあります。ぴったりなサイズにすることでレインウェアの機能を最大限に活用したいところです。

試着のすすめ

そこで大切なのが、購入前に試着をする事です。普通のカッパを購入する場合に試着をする方はあまりいないかもしれませんが、自転車用のレインウェアとして使用した場合は結局使い捨てになってしまいます。一度きちんとしたレインウェアを選ぶことにより雨の日の快適さへ繋げたいですよね。試着によりぴったりのサイズを把握しておくことをおすすめします。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "雨の日って最悪?自転車お助けレインウェアの選び方!"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
ロビン

これからの梅雨の時期、自転車通勤、通学の方は確かに憂鬱になります。記事にも紹介があったメーカーは、登山・アウトドアメーカーとして実績があり、信頼のおけるものです。カッパとしては、少しお値段が張るかもしれませんが、それに見合うだけの耐久性を備えてるものが多いです。ここで私が着目したいのは、その快適性も去ることながら、【色(カラー)】でしょうか。女性の方は、雨でどんよりした気分を向上させるために、カラフルな色を選ばれる方もいるでしょう。
しかしながら、色にはもっと重要な役目があります。それは、ライダーの存在をドライバーに認識してもらう事、それにより、事故発生確率を低下させ、双方の安全性を向上させる点です。できるだけ、黒や紺より、蛍光色やシルバーといったものを選ぶのがよいでしょう。雨での視界の悪さは、車を運転するドライバーも同じです。いち早く、ドライバーにも発見してもらう必要があります。
特に、雨降りの夜は、かなり視界が悪いですからね~

wpDiscuz