怖すぎる逆走!絶対に左を走らなきゃダメ?自転車の通行位置

怖すぎる逆走!絶対に左を走らなきゃダメ?自転車の通行位置


街乗りをしていると逆走している自転車を見かけたことがあるのではないでしょうか?恐怖を感じますよね。自転車は車両であるため、原則車道通行というお話は以前の記事でも取り上げました。左側通行のルールも共通認識としてありますが、やむを得ず右側を走りたいと思う時もあるかもしれません。今回は自転車の通行位置について、原則と例外を見ていきましょう!

歩道を走って罰金5万?

ドライバーは見た!危険すぎる逆走

ルールを守って走行している場合であっても、自転車と自動車の並走には危険が伴います。自動車ドライバーは特に狭い道や夜道において、「気付かず自転車を轢いてしまうのではないか?」と不安を持っているものです。それが逆走自転車だった場合、パニックになること間違いなしです。いつ正面衝突の事故につながってもおかしくありません。

自転車と自動車が並走しているシテュエーションで、逆走自転車が迫ってくるパターンもあるようです。光景を想像しただけでも恐ろしいです。

徹底して!車両は車道を「左側」通行

道路交通法 第十七条
4  車両は、道路…の中央…から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならない。
引用元: http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html
道路交通法において、自転車は「車両」です。自動車と同じグループと考えれば、日本においては左側通行ということはわかります。では、右側通行している自動車を見たことがありますか?まずありえないですよね。しかしコンパクトで気軽に乗れる自転車の場合、「ちょっとだから」「誰もいないから」という気持ちになりやすいかもしれません。一部のマナーを守らない人たちによる逆走が見受けられてしまうのは悲しいですね。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月6日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "怖すぎる逆走!絶対に左を走らなきゃダメ?自転車の通行位置"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
ロビン

数年前に、子供が自転車でおばさんに激突、おばさんが身体不自由になるという事件がありました。その後訴訟になり、神戸地裁はその子供の保護者に損害賠償9500万の支払いを命じる判決を下し、世間を騒がせました。その少年はルールを知っていたのだろうか?ルールを守った走行だったのだろうか?ふと逆走とかルールといった記事を見て、思った。
その判決の影響か、自転車保険の販売が急速に伸び、今では、自転車保険の加入義務化を条例で制定する都道府県が多数出てきている。
ルールに従うことはもちろん、そういったリスクにも備える必要があるようになってきているのではないかと思う。
そんなルールも知らず自転車に乗っていた少年時代、そして、車と電車しか乗らなくなった今、ルールを思い出す契機なりました。
記事上手にかけてるやん。

そしていつも、ルールと聞けば、思い出す英語構文がある。
There are no rules without exceptions.
がんばったね!

wpDiscuz