なぜこんなにも手首が痛いの?理想の乗り方と解消法!

なぜこんなにも手首が痛いの?理想の乗り方と解消法!


シティサイクルを卒業し、クロスバイクミニベロ街乗りデビュー。あらゆることが新鮮で、ついつい楽しくなり自転車に乗っている時間が増えてきますよね。そんな中、誰しもが一度は経験するあるあるを今回はご紹介します。

手首が痛くなる

これは街乗りをしている人やロードバイクのように本格的な自転車に乗っている人、全員が体験していることではないでしょうか。ペダルを漕ぐときの姿勢が前傾姿勢のため、なんとなく痛い理由は分かる気がしますが、実際のところどんな要因で痛くなるのでしょうか。

なぜ手首が痛くなるのか

手首に体重をかけ過ぎている

Specialized Trail Crew
基本的に自転車に乗るときは、ハンドルサドル、ペダルの3点で全体重を支えています。そのため、ハンドルの位置や、サドルの高さは快適な街乗りをするために非常に重要になってくるのです。サドルが高く、ハンドルが低すぎると前傾姿勢になるため、ハンドルに乗せる体重の比重が大きくなりますね。そうして、手首に負荷がかかり神経が圧迫されてしびれや痛みが出ることがあるとされています

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月8日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz