サイクルキャビンを体験!サイクルアーティスト谷信雪さんの工房にて

サイクルキャビンを体験!サイクルアーティスト谷信雪さんの工房にて


皆さんはサイクルキャビンと呼ばれる乗り物をご存知ですか?今回はサザンオールスターズの出身地で有名な茅ヶ崎で出会った素敵な乗り物をご紹介します。サイクルキャビンは、サイクルアーティストの谷信雪(たに・のぶゆき)さんにより製作されました。大きな三輪の自転車で、2人並んで座ることができる仕様です。のんびり湘南の街や景色を体感することができるおすすめのサービスです!

まずはこれを見よ!サイクルキャビンを体験してみた

実際に乗ってみると乗り心地が良すぎて、どこを走っていても観光気分に浸ることができました。普段見ることのできない目線で、新鮮な気持ちで景色を楽しむことができます。乗り物自体がおしゃれで雰囲気がよく、カップルや親子で楽しむのにオススメです。また、よけやスピーカーから流れるBGMなど、外見からは分からない細かいところまでホスピタリティが行き届いています。飲み物ホルダーまでありますよ!また、運転手さんとの距離が近いため、地元トークを聞くことができるのも大きな魅力です。

サイクルキャビンはここで作られた!

サイクルアーティスト谷 信雪さん

サレジオ高専でプロダクトデザインを学び、大手家電メーカーのシャープ株式会社の総合デザイン本部に就職。父の自転車制作・修理・販売業であるCycle Boyを受け継ぎ、1990年に代表になる。父の死を機に、日本で唯一の“街乗り自転車専門のオーダーメイドショップ”として再出発する。フルカスタムのオーダーメード自転車が高い評価を受け、サイクル・アーティスト谷信雪としてアパレルメーカーと提携。自転車のデザイン、製造、供給をする。また、プロダクトデザインも得意だった谷はABAHOUSEのアクセサリーデザインと制作もしている。引用元: http://nobuyukitani.com/about-2/
実際に谷さんにお会いすると、まさに職人という印象を受けます。しかし、実際にお話すると非常に雰囲気の柔らかい方でした。製作する自転車への思いを聞かせていただいたところ、次のようにお答えいただきました。「クロスバイクとかロードバイクのような自転車があるけど、生活に密着した"本当の街乗り自転車"を製作していきたい。」乗る人の生活に合わせた一番の自転車を作りたいと語るその姿はとても素敵でした。

工房内の雰囲気

谷さんには、フルオーダーメイドで製作依頼をすることができ、口コミでわざわざ遠方から工房にいらっしゃる方が多くいます。仕事で一番楽しい瞬間はどんなところか伺うと「作りたい自転車のイメージが湧いてきた瞬間」とのこと。その道を極める人のお話は深く心に響きます。特別に今までの作品も見せていただきました。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年6月2日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz