なぜこんなにもお尻が痛いの?相性の良い理想のサドルとの出会い方

なぜこんなにもお尻が痛いの?相性の良い理想のサドルとの出会い方


ついにクロスバイク街乗りデビュー!自転車に乗ったことがある人でもない人でも、スポーツタイプの自転車に乗るとこんなにも体感が違うのかと誰もが感動してしまいます。短い距離の移動はもちろん、その気になれば10km以上の距離も難なく移動することができます。冒険心を駆り立てるような自転車の街乗りのワクワク感は自転車の醍醐味の一つです。そんな中、楽しいサイクリングを妨げてしまう自転車ビギナーの「あるある」の出来事が。

サドルでお尻が痛い

8bar_krzbergv5_trackbike_fixedgear_fixie_lightweight_rundkurs-0160
クロスバイクやロードバイク経験者であれば一度は経験したことがあるのではないでしょうか。サドルが合わなくてお尻が痛いと感じることは、自転車ビギナーの中では、かなりあるあるなこと。本格的なスポーツタイプの自転車は、細かったり硬かったりと様々な形があり、買った状態のサドルが必ずしも自分に一番適したサドルとは限りません。

そもそもなんでお尻が痛くなるのか

体重がかかりすぎている

100 views of Cuba, Dec 2011 - 93
シティサイクルなどの一般的な通常の自転車に乗るときに体を支えているのは、サドルが中心です。クロスバイクやロードバイクはシティサイクルと異なり、基本前傾姿勢になるので、シティサイクルのように、サドルに体重をかけすぎることはおすすめしません。ロードバイク乗りのような競技志向の専門的な知識をもつ方の意見では、ハンドルとペダルが中心で、サドルにはほぼ体重を乗せない乗り方もあるとのこと。クロスバイクでも、サドルに体重をかけすぎず、ハンドルにうまく体重を乗せてバランスのいいフォームで乗ることが重要です。

カテゴリ

本記事は、2017年5月24日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz