ロードバイクユーザーのお悩み解決。サドルバッグ選びのすすめ

ロードバイクユーザーのお悩み解決。サドルバッグ選びのすすめ


スポーツバイクには荷物を積めないという難点がありますよね。ロードバイク乗りは、予備のチューブや空気入れ、工具、着替えや具など必要最低限なものであっても、積むことができません。そうなると必要になってくるのが、サドルバッグなどのグッズ。今回は、そのサドルバッグについてまとめてみます。

ロードバイクには必要な持ち物がある!

ロードバイクは、他のスポーツバイクに比べて、必要な持ち物があります。例えば、タイヤが他の自転車よりもパンクしやすいという欠点がありますので、予備のチューブやパンク修理セット、携行空気入れなど、最低でもこれだけの物は常に持っていたいところです。小型のサドルバッグを取り付けて、それらの必要な物を入れている方が多いと思いますが、ロングライドなどになると、大容量のものが欲しくなったりもします。軽量のロードバイクが重くならず、持ち物も運べるものがおすすめです。

種類もたくさんあるサドルバッグは便利だ!

サドルバックにはおしゃれな物もあり、その種類はとても豊富です。積みたい物によって大きさも重要になってきますよね。普段乗りなら小型のもので十分だと思いますが、「大は小を兼ねるという気持ちも捨てられない」という方も多いのではないでしょうか。サドルバッグに入りきらずに諦めたものが、出先で必要だったという経験がある方もいらっしゃるかと思います。普段持ち運ぶ物の容量に多少プラスして入れることができる大きさの物が、一番重宝するかもしれません。

TOPEAKのサドルバッグ買った。 Mサイズなのにめっちゃ入る! #saddlebag #topeak #crossbike #bike #bikelife #bicycle #クロスバイク #サドルバッグ #防水

Kaito Matsukawaさん(@umitsuchi_0606)がシェアした投稿 -

カッコ悪いけど ライトも入る✌️ #サドルバッグ

@hooten7374がシェアした投稿 -

伸縮可能なサドルバッグがおすすめ

では、どのようなものがおすすめなのか?やはり、「大は小を兼ねる」ということは間違いありません。“入れるものが少ない時はコンパクト”に使えて、”MAXでは大容量”なもの。そして、“防水性のある”ものというサドルバッグが一番おすすめだと思います。季節によっては、着替えがもう一枚必要な時など、いろいろな状況がありますから、伸縮可能なものが利用しやすく便利だと思いますよ。大容量のものは、荷物を積むと長く延びますので、泥除けの代わりにもなります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz