ロードバイクのタイヤ交換の必要性!おすすめのタイヤもご紹介

ロードバイクのタイヤ交換の必要性!おすすめのタイヤもご紹介


タイヤ交換は、ロードバイクの定番カスタマイズです。ですが交換するとなると「どのタイヤを選べばいいのか」、「交換の必要性があるのか」など気になりますよね。そこでタイヤの種類やおすすめのタイヤ、交換のコツまでを実際のライダーさんの声と一緒にまとめました。

ロードバイクのタイヤ交換の必要性について

タイヤの交換でロードバイクをより楽しめる!

念願のロードバイクを購入したら、ぜひやってほしいのがタイヤのカスタマイズ!ロードバイクの醍醐味でもあり、定番のカスタマイズはタイヤ交換です。交換するだけで、ロードバイクの性能が格段に上がり、よりライディングを楽しむことが出来ます。

どうしてあえて「タイヤ交換」なのか

ロードバイクと言えば、いろいろな箇所を自分仕様にカスタマイズできることも楽しみの一つです。その中でも、なぜタイヤを交換してほしいのか、それは「比較的安く交換できて、変化を感じやすい箇所だから」です!地面に触れるタイヤは、乗り心地や漕ぎやすさに直結します。タイヤ次第で、スピードなどの性能に大きな差が出てくるのです。

また、タイヤは価格も手軽なものが多いです。例えば、ホイールは前後の相場が安くて20万円、高いと80万円かかる場合もあります。その点タイヤなら安いもので7千円で揃えられますし、1万円あれば良質な商品が購入できます。その価格で性能を良くできるからこそ、タイヤ交換をおすすめしたいのです。

そもそもロードバイクのタイヤの種類とは

タイヤは、主に構造と幅で種類が分けられます。今回はタイヤ幅を重視した内容のため、幅についてのみご紹介します。主にロードバイクに使われる幅サイズは「23C・25C」です。乗り方によっては「28C・32C」が良いという方もおられます。数字はタイヤ幅をミリで表したもので、数字が小さいほうが細いタイヤということです。

幅の違いを簡単に説明すると、狭いタイヤほど漕ぎ出しが軽い分やや不安定で、広ければ安定感はありますが漕ぐときに力を使います。タイヤ選びは好みもありますが、まずは道や距離など使い方に合った物の購入をおすすめします。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年5月7日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz