ロードバイク初心者の不安解決!ロードバイクの基礎知識公開。

ロードバイク初心者の不安解決!ロードバイクの基礎知識公開。


初心者は姿勢が悪くお尻を痛めやすい。

初心者は、ロードバイクに乗る姿勢が悪くお尻を痛めやすいです。これは、姿勢が悪くお尻に力が集中しすぎていることが原因です。おなかをへこませ、骨盤をまっすぐ曲げてあげると、足や腕に力が分散し改善します。また、初心者は腕や上半身をピンと張ってしまい、体を痛める傾向にあるようです。こちらに対しても、力の分散を意識した乗車姿勢を保つことで、対策となります。

ハンドルの形状は何であんなに複雑なのか?

ロードバイクの特徴的なハンドルを「ドロップハンドル」と言います。形状が複雑な理由は、走り方によって握り方を変える必要があるからです。例えば、速さを追求する人と、体への負担の軽さを重視する人では握り方が違います。また、変速やブレーキも同時にできる便利なハンドルです。ドロップハンドルは高速で走る上で、非常に理にかなった形状をしているわけです。

代表的な握り方の特徴

上ハンを握ったときの特徴

ドロップハンドルのフラット部分を「上ハン」と言います。上ハンを握ると腰が起きて、胸が開いた状態になります。体への負担が楽な握り方です。体を起こすため、風の影響を受けやすいのが特徴です。この握り方はとっさにブレーキがかけられないので、平坦な見晴らしのよい道路やスピードの出ない上り坂で使用した方がよいです。

下ハンを握ったときの特徴

「下ハン」は、ドロップハンドルの基本ポジションと言われています。前傾姿勢となるため風の影響は小さくなるのが特徴です。最も速く走ることができ、ギアやブレーキをかけることもできます。ただし、体への負担も大きく、初心者が長時間走行するには難しい握り方です。この握り方で長時間走行できると一人前と言われております。ロードレースなどの競技に出場する方たちは、日々この握り方で練習を続けているわけです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年4月17日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "ロードバイク初心者の不安解決!ロードバイクの基礎知識公開。"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
岩永 伊佐男(Facebookページより)
岩永 伊佐男(Facebookページより)

私の場合 ママチャリで サドルをあげて乗っているので

ママチャリでもけっこう 前傾姿勢になります‼m(_ _)m

wpDiscuz