ライトユーザー必見!革靴やヒールでも漕ぎやすいペダル特集

ライトユーザー必見!革靴やヒールでも漕ぎやすいペダル特集


固定とフラットが両面で使えるペダル

上の画像のペダルは、街乗りなどで乗る場合は、普段の靴でフラット側を使い、サイクリングロングライドなどでは、固定ができる側を使うことができる両面タイプのものです。このペダルですと、ビンディングシューズと普段使いの靴を履き替えるだけですので、とっても便利です。靴によっては持ち運びして履き替えることも可能ですし、仕事場に置き靴ができれば、通勤はビンディング、仕事では革靴、近所へ出掛ける時はスニーカーなどと使い分けられ、悩まず好きな靴を履けるという利点があります。

懐かしいペダル2000円で買った!池チャー#mtb❤️ #mtb #mountainbike #mtber #flatpedals #tioga #フラットペダル #マウンテンバイク

KGさん(@ken5t)がシェアした投稿 -

要は、靴が固定できれば良いということ?

どのような靴でも、要は、ペダルに簡単に固定でき、ビンディングよりもペダルから外しやすければ、ペダリングも快適になる!?ということで、上のような商品も選択肢の一つですよね。このようなものだと、女性のヒールやパンプスなどでも快適にペダリングができると思いますよ。ヒールがペダルに挟まって抜けなくなるという危険や心配もなくなりそうです。靴をペダルにしっかり固定できて、脱着も簡単。快適なペダリングができ、何より靴を選ばないというのはありがたい商品です。

カスタム第二弾 フラペ&ストラップ

HIDE Tochigiさん(@flying.k.z.650)がシェアした投稿 -

上の画像のものだと、革靴などに傷がついてしまいそうですが、靴は簡単に外せそうですので、それほど苦にならないと思います。スニーカーやパンプスなどでも靴の固定が簡単なので、安心してペダリングができ、快適な走行ができます。

【番外編】いろいろなペダルを集めてみました

自転車に車種がたくさんあるように、ペダルにもたくさんの種類があります。用途や好みによってペダルを変える「カスタマイズ」ができるというのが、楽しくもありますよね。全ては、快適なペダリングのためですが、自転車は、乗っている人が楽しくなければ、何の意味もありません。そして、ペダルは自転車に必要不可欠なものです。最後に【番外編】として、いろいろな形のものを集めてみました。ペダルを選ぶ際の参考になれば幸いです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年4月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "ライトユーザー必見!革靴やヒールでも漕ぎやすいペダル特集"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
河合 啓(Facebookページより)
河合 啓(Facebookページより)

CrMoロードに、ミカシマ・シルバンロード(黒)+ミカシマ・トゥクリップ+ゼファール・トゥストラップをつけてます。
トゥーストラップ・エンドがもう何処にもないんですよ…。

wpDiscuz