意外と笑える!?知って楽しい面白おかしな自転車業界用語10選

意外と笑える!?知って楽しい面白おかしな自転車業界用語10選


どの業界にも「業界用語」というものがあります。もちろん自転車業界にもあるのです。知っておくと、会話の時になかなか話題性がありますし、メンテナンスの時にもとっても便利です。今回は「おもしろい・おかしい」自転車用語を取り上げます。

おちょこ

「飲酒運転はダメ!」と言いたくなるような用語です。でもお酒を飲むときの、あの杯ではありません。基本的に、後輪の右側にはスプロケットが付くため、フランジとセンターの間の距離に違いが生じます。これを「おちょこ」と言います。おちょこが生じるように組み上げることを「おちょこ組み」と言い、その長さを「おちょこ量」と言います。でも「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」を忘れずに。

蚊刺し

今にもかゆくなってきそうな用語ですね。「蚊刺し」とは、パンクの一種です。よくある、画鋲、釘、針、ガラスなどが刺さって、チューブに穴が開き空気が抜けるパンクです。主に後輪の方がこのパンクになる可能性が多いです。というのも、前輪ではね上げ、尖った部分が上向きになったところを、後輪で踏んでしまうケースが多々あるからです。

ふんどし

すごく開放的なネーミングですね。「リムテープ」のことを、自転車業界では「ふんどし」と呼びます。映像業界では、録画テープに張り付けて内容が一目で分かるようにするラベルのことを、また土木用語では、トンネル工事で掘る穴のことをふんどしと呼ぶそうです。どの業界にも「ふんどし」は存在するのですね。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年4月2日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

2 コメント - "意外と笑える!?知って楽しい面白おかしな自転車業界用語10選"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
吉田 カズヤ(Facebookページより)
吉田 カズヤ(Facebookページより)

う〜ん 業界用語ではないですね。
現役中どれも仕事中に聞いたことないです

河合 啓(Facebookページより)
河合 啓(Facebookページより)

ヌードルかバナナかはさておいて、前ブレーキキャリパーを替えてワイヤの取り回しがキツくなったのを緩和するのに使えそうです、この「リードパイプ」。

wpDiscuz