【弱ペダ】小野田坂道のキャラ特徴!無尽蔵スタミナの初心者クライマー

【弱ペダ】小野田坂道のキャラ特徴!無尽蔵スタミナの初心者クライマー


初乗りのロードバイク、クライマーの目覚め

坂道君は、「今泉君や鳴子君と一緒に走りたい」というピュアな気持ちしかありませんでした。たとえそれがママチャリであろうと。「好きなことには一途」な性格が前面に出てきます。ウェルカムレースでは、みんなに「自転車本来の楽しさ」を見せつけます。初乗りのロードとレースに臆することなく、1秒先の前を見るその瞳や行動は、見る者の心を打ち、彼のクライマーの種が少し芽を出します。スーパー初心者誕生のきっかけとなるのでした。

過酷な合宿をクリア!クライマーの芽が開花

ウェルカムレースでミラクルを見せた坂道君は、合宿に参加し、そこで、クライマーの芽が開花します。「今泉君と鳴子君と一緒に走りたい」。箱根学園の真波君との再会で、自分がクライマーだとはっきり認識し、インターハイで会う約束をします。2年の先輩達との勝負も、「インハイにみんなで出て、真波君と走る!」という気持ちだけが彼を強くしました。クロモリロードバイクのホイールに細工がされてあっても、4日間1000km走破の過酷なメニューをクリアします。

スーパー初心者がインハイメンバーに選出!

過酷な合宿をクリアした坂道君は、部員みんなの信頼を得て、見事インターハイメンバーに選ばれます。坂道君のすごいところは、周りのアドバイスなどもありますが、彼の「一つの事をやり遂げる」という性格でした。シンプルでとても難しい「やり遂げる」こと。子供でも大人でも困難だということが痛いほどわかります。でも坂道君はやり遂げます。壁にぶつかり、悩みながら、「一緒にインハイに出たい。一緒に走りたい。」という想いを叶えるために。

ガチガチで臨む初の大舞台。そして奇跡。

坂道君にとっては、人生初めてのインターハイという大舞台。予想通りガチガチになりますが、周りの言葉で持ち直し、1日目がスタートします。「主将のオーダーをやり遂げるしかない」と頑張りますが、アクシデントが彼を襲います。「落車」、そして「最下位」。そこから坂道君は、「オーダーを守るため」、「前を走るみんなに追いつくため」奇跡を起こすのです。彼を信じる総北メンバーとまっすぐな坂道君が起こす奇跡。感涙の1日目です。

インターハイ2日目で「まさか...」

インターハイ2日目は、衝撃な出来事からスタート。それは「3年の田所さんが体調不良でスタートできない」というアクシデント。その田所さんをチームに合流させるため、コース途中に残る坂道君。主将のオーダーを守り抜く彼は、田所さんと合流し、先行するチームに追いつくという奇跡を起こします。そう、「ヒ〜メヒメ」と歌いながら。坂道君は初心者ながらも、ロードレースにチームで挑む大切さを理解し、課せられたオーダーを守ることに徹するのです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年4月6日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz