おしゃれメンズにおすすめ!自転車ファッションコーデのジャストアイテム

おしゃれメンズにおすすめ!自転車ファッションコーデのジャストアイテム


自転車に乗るとき「サイクルジャージはちょっと…」と思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。街乗りでも服装にこだわりたいですよね。ですが、通勤や街乗りでも、服が汚れたり、裾がボロボロになるのは嫌なものです。今回は、街乗りや通勤などで使えるコーデアイテムのご紹介です。

気になる裾はバンドで固定

サイクルジャージを着ていないと、どうしても気になるのが、ズボンの裾が汚れたり、ギアに噛んでボロボロになってしまうことですよね。そういう時はやはり、バンドで固定するのが一番です。裾にチェーンオイルがついてしまったら、洗濯してもなかなか汚れが落ちませんし、ボロボロになったら自転車に乗らない時に履くのもカッコ悪い。ダメージファッションというわけにもいかないズボンもありますから、バンドで固定し、汚れなどから守ってください。

これがあればバッチリ。ウルフパック!

通勤でも街乗りでも、籠がないスポーツバイクでは、荷物をどうやって持ち運ぶかが問題になります。鞄に入れて持ち運んだとしても、中の荷物の出し入れに一苦労。そこで、上の動画の「ウルフパック」は、背中の荷物部分を、簡単に前に持ってくることができるのでオススメです。わざわざ背負っているバックパックを肩から外す必要がありません。ワンタッチでできるという手軽さがとても良いですよね。電車内でも重宝しますし、自転車となると、さらに便利なバックパックです。

日差しが強くなる時期にマストなアイウェア

スポーツバイクに乗っているとスピードが出る分、目に風も入って来ますし、日差しがだんだんと強くなってくるこれからの季節は、紫外線も気になるところ。そうなると、目を守るアイウェアはマストアイテムになってきます。スポーツ用でも、夜は透明なレンズにするなどの方が目には良いです。紫外線や風、ゴミなどから目を守る為にも、また、ファッションで持っていたいアイテムですよね。いろいろなシーンで使えるアイウェアがあると便利ですよ。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年4月10日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz