一台の自転車がアフリカを救う!?~教育支援に繋がる奇跡の乗り物~

一台の自転車がアフリカを救う!?~教育支援に繋がる奇跡の乗り物~


貧困で苦しむアフリカでは、勉強がしたいのに学校に通えず、まともな教育が受けられない子ども達がたくさんいます。そんな彼らを救えるのは、私達が普段何気なく乗っているあの乗り物!そう、自転車です。今回は、自転車とアフリカの生活との意外な関係についてお話していきます。

World Bicycle Reliefが行う教育支援

World Bicycle Relief(通称:WBR)は、移動手段が不十分な世界中の村々へ、自転車を通じた支援を行っているアメリカのNPO団体です。各村に自転車を届けることで、村人達の生活の改善、教育の向上など、さまざまな社会問題の解決に貢献しています。なぜ自転車が社会問題の解決に繋がるのか、疑問に思われる方もいるのではないでしょうか?それについては以下で詳しくお話していきます。

WBR公式サイト(英語)

デザイン・整備を一貫して行う

IMG_8078
WBRは、自転車のデザインから製造、整備、プログラム評価まで一貫して行っています。WBRの自転車は、アフリカの土地に合わせ、耐久性を高くし、積載量も100kgまで耐えられるよう作られています。さらに、自転車をただ配って終わりにするのではなく、その後のメンテナンスにも力を入れており、現地で組み立てから整備までを行っています。そのため、自転車に乗ったことのない人でも安心して乗ることができるのです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年3月17日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz