自転車のヘルメットをかぶるとハゲる!?そのメカニズムと対処法

自転車のヘルメットをかぶるとハゲる!?そのメカニズムと対処法


ヘルメットをかぶっていると禿げる」と断定することはできません。しかしヘルメットを長時間かぶっていると、比較的禿げる可能性が高くなる、というのは事実かもしれません。今回はどうして禿げやすくなるのか、そのメカニズムを考え、その対処法を探ります。

なぜ禿げるのか?

原因その1-蒸れる

一つ目の原因は「ヘルメットをかぶっていると、頭が蒸れやすい」からです。もともと頭は皮脂が出やすいため、不潔になりやすい場所です。さらに、ずっとヘルメットをかぶって運動していると、汗と皮脂が多く分泌され、それを餌に細菌が多く繁殖します。この細菌が頭皮に炎症を起こさせ、その炎症が薄毛や抜け毛をまねいてしまうのです。中でもMTBのヘルメットは特に蒸れるようです。

原因その2-擦れる

2つ目の原因は、ヘルメットで頭皮が擦れるからです。頭皮が傷つくと、そこから炎症を起こして毛根に影響が及び、禿げやすくなってしまいます。また、ヘルメットを上から抑えるようにかぶってしまうと、てっぺんの方の髪の毛が引っ張られ、根元から無理やり引き抜かれてしまいます。ヘルメットが髪の毛と直接擦れて、髪の毛が切れてしまうのも、薄毛の原因の一つです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年3月11日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "自転車のヘルメットをかぶるとハゲる!?そのメカニズムと対処法"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
大和武(Facebookページより)
大和武(Facebookページより)

シェアさせて頂きます。

wpDiscuz