雨の日に自転車に乗るのは危ない!?雨天に自転車に乗らない理由

雨の日に自転車に乗るのは危ない!?雨天に自転車に乗らない理由


車のしぶきがかかる

これは結構地味に嫌ですね。でも「自転車の日あるある」ではないでしょうか。小雨だからとレインコートを着用せずに自転車に乗ったところ、横に来た自動車にしぶきをかけられ服がびしょびしょ、という経験はないでしょうか?雨はまだ良いですが、泥水をはねかけられた日には最悪ですね。特に大型トラックなどになると、しぶきの量もすごいです。

無理に乗る必要はない!

自転車を嫌いになりたくない

雨の日に自転車に乗るのは危ない、という理由に加えて「雨の日に無理して自転車に乗る必要はない」という意見もあります。その中の理由として「自転車は趣味だから」というものが挙げられます。楽しい気持ちで気持よく自転車に乗りたい、という願いです。もし雨の日に、大変な思いをして、さらには事故に遭ってしまった日には、自転車を嫌いになるどころかトラウマにまでなってしまいかねません。

雨の日の楽しみ方がある

雨の日には雨の日にしか楽しめないことがあります。その一つは歩くことです。いつも自転車で駆け抜けている道でも、雨の日に傘を差してゆっくり歩いてみると全く違う風景に見えます。また雨音や自然の音などに耳を傾けるのも良いですね。また電車やバスなどを利用してみても、いいかもしれません。車窓から見える景色は、自転車のそれとはまったく違います。自転車にこだわらなくても良いかもしれませんね。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz