世界に誇る日本のフレームビルダーたちを紹介。芸術的な匠の技!

世界に誇る日本のフレームビルダーたちを紹介。芸術的な匠の技!


真一氏のお父様の今野仁氏は、スポーツ自転車の数少ない名工と言われていました。また仁氏ご本人も元々スポーツバイクのレーサーでした。日本のビルダーのパイオニアとして有名でしたが、残念ながら数年前にご逝去されました。父親から受け継がれたこととして「自分で考えること」、新しいことに挑戦することが好きだったので「変わり続ける、という伝統」を父が教えてくれたと述べています。2代目に、しっかりと受け継がれています。

ケルビムはこちらから

炎の魔術師と呼ばれる、木森俊之氏

しかし、コロッサスを駆る人には走る楽しさを提供したい。
軽快に加速し、ヒルクライムではトラクションを感じながらのダンシング。ダウ ンヒルではフロントへの荷重移動を意識しながらの胸のすくような コーナリング。
速く走る、それ以上にバイクと対話をしながらの操る楽しさを得られるバイク。
それがコロッサスである。
引用元: http://kimori.club/colossus%E3%81%8C%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE%EF%BC%81/
「KIMORI」の代表取締役、木森俊之氏です。本業は機械加工業で、その傍ら作っている自転車ですが、かなり凝ったフレームを製作されるそうです。自転車に対する熱い思いが伝わる動画です。上から、ご本人が「COLOSSUS(コロッサス)」を製造中の動画、その下に25年前に製作した第一号の「COLOSSUS NO.1」と、最近の「COLOSSUS SS」、「COLOSSUSが目指しているもの!」の動画です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年9月6日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

3 コメント - "世界に誇る日本のフレームビルダーたちを紹介。芸術的な匠の技!"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
林太郎(Facebookページより)
林太郎(Facebookページより)

日本のビルダー達のフレームだけを取り扱うショップがあったらいいね。既にあるのかな?

奥村 樹(Facebookページより)
奥村 樹(Facebookページより)

美しいビート跡をみてるとそれだけでご飯が三杯いけるね!

MITANI

NAKAGAWA わ?

wpDiscuz