命を救ったボロボロのヘルメットの姿に涙。実際の声で必要性を再認識

命を救ったボロボロのヘルメットの姿に涙。実際の声で必要性を再認識


近年、日本ではスポーツタイプの自転車使用が一般的になりつつありますが、その反面ニュースなどで自転車が原因で発生した死亡事故などをよく見るようになりました。身近に感じる自転車も、スポーツタイプの自転車になれば何十キロものスピードが出る乗り物で、速度は車と変わりません。その中で今回は、「ヘルメット」を題材とし、日本の現状やヘルメットを使用した安全対策の必要性について紹介していきたいと思います。

ヘルメットの必要性

ヘルメットってみんな使用してますか?

ヘルメットの必要性は恐らく、自転車を所有している人なら全員が知っていることでしょう。安全第一と書かれた工事現場のヘルメットのように、多くの人がヘルメットの必要性を訴えています。しかしながら実際に自転車に乗る人全員が、必ずしもヘルメットをかぶっている訳ではありません。

街乗り用のクロスバイクなどのように、ファッション感覚で自転車に乗る人の中には、ヘルメットを被ることでセットした髪が崩れてしまったり、頭が蒸れて快適ではなくなるという理由でヘルメットを被らない人が多くいらっしゃいます。あくまで自分のスタイルを重視し、安全対策については二の次になってしまっているという現状があるのではないでしょうか。

実際に必要性を訴える声

実際に自転車の速さを体感したからこそ、気づく自転車の危険性は一番説得力がありますね。少し本気を出しただけでスピードが出てしまうので便利という反面、予想以上の速さに把握しきれていない危険が多く潜んでいます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年2月21日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

20 コメント - "命を救ったボロボロのヘルメットの姿に涙。実際の声で必要性を再認識"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
中川翔太郎(Facebookページより)
中川翔太郎(Facebookページより)

私は2回もヘルメットに救われました。
ヘルメットをしていても脳内出血を起こしていたので、していなければおそらく死んでいたでしょう。
髪型が崩れる?そんなことよりも自分の命を大事にするのが最優先だと思います。
只でさえ無灯火や逆走、イヤホン等をしながら自転車に乗っている人が増えている今、ヘルメットの必要性は以前よりも増しています。
皆さん、ヘルメットはかぶりましょう。
後悔しないために。

石橋 勇司(Facebookページより)
石橋 勇司(Facebookページより)

最初はちょっと恥ずかしいと思いました。でも実際にロードバイクに乗ってみて、すぐにヘルメット無しでは乗れないな…と思いました😉💦

Hironaga Fujioka(Facebookページより)
Hironaga Fujioka(Facebookページより)

安全とは
いいと思ったことの積み重ね
そして
それに対して油断せず続けていくこと

ファッションではないんですよ
完全装備した姿がかっこよく見える社会にしたいです
↑ある意味ファッションですが(笑)

金森 崇志(Facebookページより)
金森 崇志(Facebookページより)

原付だとヘルメット被るのに、原付並みのスピードで、しかも原付と全く同じようなところを走る自転車ではヘルメット被らないって人っていうのは、心のどこかしらで「自転車だしそこまで必要無いでしょう」っていうママチャリ感覚があるんだと思う。

秋葉慶裕(Facebookページより)
秋葉慶裕(Facebookページより)

数日前の日本の某レースでは、ヘルメットをしていたにも関わらず、頭を強く打って助からなかったいたましい事故がありました。

僕自身も30km/h近い速度で転びましたが、やはりヘルメットは割れ、お星さまが見えた位で済みましたが、
身体はズタズタ、血だらけでした。

アタマと言うのは体のパーツの中でも重く、
速度が出れば出るほど、頭から地面に叩きつけられます。

死にたくなければ、髪型が崩れようと、気恥ずかしくてもヘルメットは被るべきです。

関根 豊(Facebookページより)
関根 豊(Facebookページより)

落車してヘルメットが無傷だったので、頭はぶつけていないと思っていたところ

岸田 浩(Facebookページより)
岸田 浩(Facebookページより)

ママチャリ乗るのにロードレーサーみたいなヘルメットは気恥ずかしいと言う感覚があるのでしょう。毎日気楽に被れるカジュアルなヘルメットが有れば良いと思います。

利島 一郎(Facebookページより)
利島 一郎(Facebookページより)

ヘルメットは大事。ロードに乗るときには必ず被ります。

Kazboo Kuwano(Facebookページより)
Kazboo Kuwano(Facebookページより)

割れたり、削れたりすると、本当にありがとう と思うよね、身代わりだからね〜😭

石橋 晃(Facebookページより)
石橋 晃(Facebookページより)

いつも私が言うのは、目の高さからスイカを落としてみてごらん。
それが立ちゴケの時の衝撃。
立ちゴケでその衝撃なんだから、時速25キロじゃ木っ端微塵だよね。
ママチャリの後ろの幼児だったら即死だよ。

高森 啓太(Facebookページより)
高森 啓太(Facebookページより)

小学生の時に自転車で溝に落ちて救急搬送された事が有ります(`・ω・´)

今井 雄介(Facebookページより)
今井 雄介(Facebookページより)

スポーツ自転車に限らずな話しですが、田舎の中学生ですらヘルメット被ってます(強制だけどね)
ところが大人になるとかぶらないですよね
大人がやらないことは子供もやらないです
ママチャリに乗る場合にも強制になれば
それが常識になり当たり前に着用することになるから話題にも上がらない
自転車は交通ルール守らない(知らない)人多いですからね
とても怖いです

Toshi Biz(Facebookページより)
Toshi Biz(Facebookページより)

ヘルメット被らずに公道走るなんて考えられない

山岡 大輔(Facebookページより)
山岡 大輔(Facebookページより)

「かっこいいもの禁止」が原則の日本の学校の通学事情が、成人後の安全装備の軽視に影響を与えているって意見もあるようです。
中学生のあのヘルメットのせいで、「ヘルメットは中学生や子供がかぶるもので、ダサい行為だ」ってすりこまれてたり。
で、デザイン性も安全性もいいヘルメットや自転車での通学は校則で禁止され、自転車にのるときにはヘルメットをかぶるという習慣は、一部の自転車が趣味の両親を持つ子供ぐらいにしか根付いていません。
一部の不届きものを管理するためにどうでもいいような校則を作り、自転車やヘルメットを統一し、子供の思考を停止させることで自転車文化が多少衰退しても、自転車に興味がない人たちは痛くもかゆくもないからでしょうか。
まぁ、田舎のチャリ屋で通学チャリ売ってる身としては、新入生が全員アルベルトなのは、いろいろな意味で楽なんですがw

百瀬 洋一(Facebookページより)
百瀬 洋一(Facebookページより)

もう10年も前ですが、競技中に単独で落車をして速度も速かったプラス、位置エネルギーで思い切り側頭部をぶつけました。
しかし、ヘルメットがあったので頭は無傷でした。アスファルトに頭をぶつけた瞬間ヘルメットに衝撃が吸収されたのを肌で感じました。
ノーヘルだったら頭が割れていたでしょう。最近クロスやロードに乗っておられる方も多いですが、スポーツタイプの自転車ですらノーヘルが多いです。ママチャリはほぼノーヘルですね。ヘルメットの着用は義務化した方がいいような気がします。

山崎健一(Facebookページより)
山崎健一(Facebookページより)

私はバイク乗りですが
ヘルメットは本当に大事なんですよ。
自転車ではどうかと思いますが
出来ればフルフェイスです。
例え自転車のスピードでも転倒の仕方
その後の滑り方によっては
簡単に顔削れますよ。

藤村 晃(Facebookページより)
藤村 晃(Facebookページより)

>坂の50キロを体感すると本気で必要装備だと身に沁みます。

原付でも30キロまでなんだから自転車でそんなにスピード出しちゃダメだと思うなぁ・・・
1~30キロでもメットは有るに越したことは無いとは思ってますが

大塚 督(Facebookページより)
大塚 督(Facebookページより)

ヘルメットと言えばスネル規格を思い出します。

佐藤 大輔(Facebookページより)
佐藤 大輔(Facebookページより)

規則は規則。ファッションの為に勝手に死ぬのは構わないが周りに迷惑をかけないでほしい。自己中なファッション馬鹿は本当に迷惑です。
当たり前の事を当たり前にするだけの話して。
こんなこと議論すること事態おかしいね。

Yos Ohcho(Facebookページより)
Yos Ohcho(Facebookページより)

自分のためだけじゃなく、家族や友人を悲しませないようにヘルメットを被りましょう。事故は向こうからも飛び込んで来ます。見た目を気にしている場合ではありません。

wpDiscuz