今ドキの自転車泥棒の特定方法がすごい!?GPSやTwitterで盗難対策!

今ドキの自転車泥棒の特定方法がすごい!?GPSやTwitterで盗難対策!


世界中で相次いでいる自転車の盗難。「許せない!」と思いつつ…いざ盗まれると、どうやって取り戻したらいいのか分からない方が多いのでは?今回は、自転車泥棒を徹底的に追い詰める世界のすごすぎる特定方法と盗難対策についてご紹介します。

許せない!自転車泥棒の特徴と傾向

盗難自転車の発見率ってご存知ですか?実は、およそ3%しかないのです!(※2017年2月22日現在)つまり、盗まれてしまうと97%の確率で戻って来ないということになります。自転車泥棒には、個人と窃盗団が存在します。中には自分が乗る目的で盗む者もいますが、大抵は転売目的で盗んでいくことが多く、パーツをバラバラにして、個人の場合はネットオークション、窃盗団の場合は海外などに転売している模様です。

原型を留めていない自転車を自分のものと認識して発見するのは難しく、盗難届けを出したとしても取り戻せる確率が低いのは、このような点にあるのでしょう。では、どうすれば盗難を防ぐことができるのでしょうか?「絶対に盗まれない」というのは正直難しいところですが、盗まれる確率を下げることは可能です。以下で詳しくお話していきたいと思います。

世界の盗難自転車の捜査がすごすぎる件。

【オランダ】GPSで追え!おとり自転車って?

自転車の盗難被害が深刻化している自転車大国オランダの中部に位置するアーメルスフォールトでは、2010年からGPS(衛星利用測位システム)を仕込んだ自転車を使って自転車泥棒を追跡する試みが導入されました。通称『自転車おとり作戦』は、GPS内蔵の自転車(見た目には分からない)が何者かによって動かされるとGPSが作動し、警察の追跡がはじまる仕組みとなっています。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "今ドキの自転車泥棒の特定方法がすごい!?GPSやTwitterで盗難対策!"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
三浦 郁夫(Facebookページより)
三浦 郁夫(Facebookページより)

犯罪者に個人情報制限無し‼️ それが 抑止効果になり得るかも

wpDiscuz