【完全版】自転車乗りに最も効果的な花粉症対策とは?死の季節に活路を

【完全版】自転車乗りに最も効果的な花粉症対策とは?死の季節に活路を


そろそろ花粉の季節がやってきました。日本では地域にもよりますが、2月頃からスギ花粉などが舞い始めます。多くの人が花粉に苦しみ始めますが、その割合は人口の約25%と4人に1人は花粉症という驚きの数値です。当然、自転車乗りたちの中にも花粉症で苦しむ人はたくさんいますよね。今回は、そんな花粉症に対して色々な人の対策を紹介していきたいと思います。そして一番有効な対策はどんな方法か分析していきます。

花粉症はめちゃくちゃ辛い。

花粉症がひどいと本当に辛いですよね。くしゃみが止まらないこともあれば、鼻水が止まらないことも。目が異常にかゆくなり、仕事が手がつかなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

自転車乗りからも恐れられている。

花粉症にかかっていない人は、周りの辛そうな苦しんでいる姿をみて何を思うのでしょうか。今の時期ですと、マスクをしている人は風よりも花粉症の人が多いですよね。自転車は風を切って進むわけですから体全身で花粉を浴びにいっているようなもの。花粉症でそんなことをするなんて、正直ぞっとしてしまいます。シーズンオフの冬を我慢し、待ちに待った自転車シーズンが来たと思いきや、忘れたころに気づく花粉の猛威。心待ちにしていたのに、花粉でげんなりすることは自転車乗りならではのあるあるかもしれません。

さて、それでは実際にどのような対策があるかご紹介します。

① マスク【防御レベル3】

自転車乗りにはマスクはキツイ。

花粉症といえば、定番の対策はやはり「マスク」です。口と鼻を覆ってくれるため花粉が入ってくるのを100%ではないですが防いでくれます。しかし基本的に自転車乗りにはマスクは向いていません。短い距離での移動であればそれほど影響はありませんが、自転車である程度長い距離を移動するときのマスクは、長時間呼吸がしずらい状況になるため苦しんでしまいます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz