大戦争を乗越え国際スポーツへ!元五輪競技サイクルポロの歴史とは

大戦争を乗越え国際スポーツへ!元五輪競技サイクルポロの歴史とは


今のオリンピックの自転車競技は、タイムを競うレース形式のものが主流ですが、実は1900年代にもう一つ自転車競技があったことをご存じでしょうか。その名も「サイクルポロ」。競技内容はタイムを競うレースではなく、自転車に乗りながらボールを相手の陣地のゴールに入れるというものです。日本ではあまり聞くことがありませんが、実際にどういった経緯でこのスポーツが生まれ、なぜオリンピック競技ではなくなってしまったのか。今回の記事では、そんな歴史に焦点をあてて紹介していきます。

サイクルポロとは。

日本での知名度はまだまだ

German Bikepolo WM Qualification-71
実際にサイクルポロについて詳しく知っている人は日本にどのくらいいるのでしょうか。「バイクポロ」「バイシクルポロ」とも称されており、呼び名は様々です。日本ではごく一部の人達の中で話題になっているようですが、その認知度はまだまだ低く、マイナースポーツとして認識されています。

アイルランドでポロにちなんで発祥した

The Orange 2011
サイクルポロの歴史は、1891年まで遡ります。アイルランドのRichard J. Mecredyという人物により作られたとされています。自転車のトラックレースなどで優勝するなど当時数多くの実績を残した選手で、出版社に勤めながら、大きな自転車大会の企画を手伝うなど自転車業界の発展に向けて精力的に活動している人物でした。当時お金のかかる娯楽とされていた本来の馬に乗って競技するポロに対して、より大衆向けにと考案されたものがサイクルポロといわれています。そのため当初は草原で行う競技とされており、1890年代にはイギリス全土に広がり大流行しました。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年2月11日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz