最新のサイコンはもはや必需品!?スマホ連動可な激おすすめ機種5選

最新のサイコンはもはや必需品!?スマホ連動可な激おすすめ機種5選


サイクルコンピューター(略してサイコン)は、走行速度や時間、回転数などが計測できる自転車乗りの必須アイテムですが、実はここ最近サイコンがかなりの進化を遂げているのをご存知でしょうか!?スマホと連動し、さらに詳細なデータを計測できるようになった近未来的なサイコンを5つ、ご紹介します。

1.Polar M450

あらゆるサイクリングスタイルと目標をサポートするように設計されたサイクルコンピュータ。スタイリッシュでカスタマイズでき、手頃な価格設定のGPS内蔵型サイクルコンピュータ。引用元: https://www.polar.com/ja/products/cycling/M450
ポラール・エレクトロ・ジャパンから発売された『M450』は、「すべてのサイクリストのニーズに応えるために開発された最先端のサイコン」と言われています。最新型のGPSチップが内蔵され、速度や心拍数、カロリー計算などはもちろんですが、正確な高度を表示する気圧計としての機能も搭載されています。その他にもさまざまな高機能が搭載されているにも関わらず、省エネで軽量なので使いやすさ抜群です!

アプリでさらにオリジナリティを。

webやアプリと連動することでさらに活用の幅が広がります。週間・月間・年間単位のトレーニング概要を確認することが可能なので、今の自分に合わせた目標設定ができますね。共に成長してくれる『M450』で、効率的な走行が可能になるというわけです。まさに、“ひとりひとりのニーズに合わせたサイコン”ですね!

2.GARMIN Edge 520J

常に進化を続けるEdgeシリーズに、トレーニングやデータ収集に重点を置いた最新モデル、『Edge® 520J』が登場しました。引用元: http://www.garmin.co.jp/products/intosports/edge-520j/#featureTab
『Edge 500』シリーズに登場した新モデル『Edge 520J』は、コンパクトかつ軽量ながら、かなり多機能!ユーザーの「こんなの欲しい!」という要望を形にした理想のサイコンとも言えます。このシリーズから、世界中で大人気の自転車とランニングのGPSログの共有サイト『Strava(ストラーバ)』に新たに対応するようになり、世界中のサイクリストとタイムで競い合うことが可能になりました。

+ コメントがありません