「ブロンプトンのパンク修理は複雑なの?」みんなの疑問について深掘り

「ブロンプトンのパンク修理は複雑なの?」みんなの疑問について深掘り


自転車のパンク修理は比較的簡単な作業なので、自分で修理を試みたという方も多いのではないでしょうか?そんな中で、ブロンプトンのパンク修理だけは少し複雑、という呟きをよく見かけます。実際のところ、どうなのでしょうか?今回は、ブロンプトンのパンク修理について触れていきたいと思います。

ブロンプトンとは?

ブロンプトン・バイシクルはイギリス人アンドリュー・リッチーが考案した折り畳み自転車。日本では単に「ブロンプトン」、英語では“The Brompton bicycle”と定冠詞をつけて呼ばれる。引用元: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%AB
ブロンプトンとは、走行性能や安全性を損なう事なく、コンパクトに折りたためる自転車として有名です。発祥地のイギリス、ロンドン市内は自転車専用の道路整備や規制など、自転車に適した都市と言われており、地下鉄やバスに自転車を持ち込む事も日常茶飯事となっています。ブロンプトンは、そんな日々の生活を快適にするために改良を重ね、実用的で使いやすい折りたたみ自転車を生み出したメーカーなんです。

瞬時にコンパクトにできる

ブロンプトンの最大の魅力。それは、手間をかける事なく一瞬で折りたたむ事ができて、なおかつ通常の折りたたみ自転車よりもコンパクトに収納、持ち運びができるという点が挙げられます。

自転車って、意外と置き場所に困る事ありませんか?スーツケースに入るくらいの大きさなら、電車内や職場に置いてもトラブルになる事なく、利用できそうですね。まさに、日常生活のために作られた自転車と言えるでしょう。

BROMPTON(ブロンプトン)

パンク修理が複雑で困る人が多い?

ブロンプトンは、日常に特化した利用しやすい自転車ですが、その反面パンクの修理が少々厄介という話も耳にします。確かにSNSなどの呟きを見ても、はじめてブロンプトンのパンク修理を行うという方にとって、難儀な作業である事が伝わってきます。こうなると、せっかくの遠出も安心して楽しめませんね。しかし、パンク修理は初心者でも比較的簡単にできる作業と言われています。なぜそこまで、苦戦を強いられてしまうのでしょうか?

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz