高すぎる??自転車パーツ関連のハイエンドモデルを調べてみました!

高すぎる??自転車パーツ関連のハイエンドモデルを調べてみました!


趣味とは言えど、かけるお金には限度がありますよね。自転車にはまってしまった人の中には、残念なことに物凄くお金がかかってしまう人が少なからずいらっしゃいます。ロードバイクの最新モデルは最新のテクノロジーが詰まった夢の乗り物。そんな知識を持ってしまったがために、パーツにこだわりをもってしまうのはしょうがないことなのでしょうか。今回はそんな方の物欲をそそる、あえて金額の高い高機能パーツを紹介していきます。

サドル

フィジーク KURVE CARBONシリーズ

フィジークのハイエンドモデルのサドルです。価格は、メーカー参考価格で税抜き36,820円です。恐ろしいほど高く感じるのは気のせいでしょうか。もう少し払えばクロスバイクが買えそうな値段ですね。「RE:Flex」というコンセプトで「従来のようなフォームパッドの厚みに依存する快適さではな く、バイクパンツの延長のようなフィット感により、いつまでも快適なサドルを実現すること」と掲げられています。カーボン仕様のサドルとはなんとも贅沢に感じますが、乗り心地が気になるものです。

ハンドル

A921 ジェットストリーム エアロベースバー

A921 ジェットストリームエアロベースバーと呼ばれるこのハンドルは、明らかに趣味の範囲を超えている金額で、税別110,000円となります。トライアスロン用のハンドルを扱っているメーカーのハンドルで、もちろんカーボン仕様です。エアロ構造を追求し、空気力学によりライダーの脚と胴の周りに空気を送る仕組みになっているとのこと。ここまでくると専門知識を持っていないと扱うことが難しく感じますが、なにより驚愕のお値段のハンドルの紹介でした。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年2月4日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

4 コメント - "高すぎる??自転車パーツ関連のハイエンドモデルを調べてみました!"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
岩田 恭典(Facebookページより)
岩田 恭典(Facebookページより)

もっと上がたくさんあると思うの・・・

伊藤貴洋(Facebookページより)
伊藤貴洋(Facebookページより)

まだ安いほうだと思いますが…

たくみ まこと(Facebookページより)
たくみ まこと(Facebookページより)

普通です。

廣瀬 仁(Facebookページより)
廣瀬 仁(Facebookページより)

趣味ですから。仕方ありませんね。

wpDiscuz