海外の自転車文化を学ぶ。日本にはない驚愕の2大イベント+αが大流行!

海外の自転車文化を学ぶ。日本にはない驚愕の2大イベント+αが大流行!


日本の自転車事情と海外の自転車事情はどのような違いがあるのでしょうか。今回は開催されているイベントや文化をもとに海外の自転車文化を学んでみたいと思います。

おしゃれ好きが集うツイードラン

P1000272
おしゃれな格好をして自転車にのる「ツイードラン」。ロンドンをはじめ、ニューヨークやシドニー、フィレンツェなど世界各国で開催されている、面白そうなイベントです。英国発祥のカントリージャケットということもあり、海外の方は凄くめちゃくちゃ似合ってますね。みんなでおしゃれに着こなしてサイクリングすることで、ファッション産業の活性化につなげることを目的として開催されているようです。

P1000374
パイプタバコを咥えて雰囲気を出す人もいれば、昔ならではの前輪が大きい自転車を用意して注目を集める人など、ツイードで統一しているとはいえ人それぞれのユーモアを見て楽しむことができます。ちなみに日本でもこのツイードランは開催されているのでツイード姿を披露したい方は是非参加してみてください。

男も女もみんな裸!驚愕のサイクリングイベント

World Naked Bike Ride 2009 - London
日本では絶対に行うことができないイベントを紹介します。「Naked Bike Ride」、すなわち全裸サイクリングイベントです。こちらはロンドンで撮影された写真ですが、男性も女性もほとんどが服を着ていません。なぜ裸になるのか?ただ露出したいというわけではなく、ロンドンで行われたこのイベント、実は石油問題を訴えるイベントです。服の繊維には多くの石油が使われているため、分かりやすくこのように裸になってしまおうということで始まりました。裸になることでエコを伝えるという何とも斬新なイベントの紹介です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年1月28日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz