参戦!第10回スーパーママチャリグランプリに本気で挑んだ結果…

参戦!第10回スーパーママチャリグランプリに本気で挑んだ結果…


日本には自転車レースが数多くありますが、その中でも特殊過ぎる自転車レースが存在します。自転車といえばロードバイク?そんなことはありません。いつだって自転車大国日本を支えているのは、THEママチャリ

今回我々は、「第10回スーパーママチャリグランプリ」に参加してきました。競技内容は、F1レースが行われる富士スピードウェイをなんとママチャリで7時間爆走するという非常にハードな内容です。今年は本気で順位を狙いに行きました。目指せTOP100入り!気になる結果は後ほど登場するのでお楽しみに。

極寒の山の上でのレース

今年で10回目となるママチャリグランプリですが、会場は御殿場のF1レースなどが行われる富士スピードウェイ。2017年も去年同様に正月明けの1/7に行われました。去年も思いましたが、なんでこんな寒い時期にやるのでしょうか。レース開始の時間が早朝のため、毎年多くの人が会場に前乗りし、テントを張り寝袋で過酷な一夜を過ごします。

参加チームは1156組。来場者数は23000人。

こんな辺境の地に集まったのは総勢なんと23000人!大学生のチームもいれば、家族で参加、会社で参加しているチームなど。そして本格的な自転車競技で活躍する人も、この大会に参加しています。ここで再確認しますが自転車競技といっても車種はママチャリです。ファンライドのような形で楽しむ人もいれば、ママチャリでも勝負は勝負、大真面目に走るチームも多く存在します。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年1月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません