初心者は知らない?グラベルロードバイクでサイクルライフを楽しむ

初心者は知らない?グラベルロードバイクでサイクルライフを楽しむ


自転車といえば初心者からみれば簡単に見えますが、店舗での整備点検などをすると、とんでもなく奥が深いんだなと思い知らされます。そんなビギナーが聞いても全然ピンとこない「グラベルロードバイク」を今回紹介します。ちなみにグラベルの意味は砂利、砂利道という意味。実際にどんな自転車なのかみてみましょう。

ロードバイクで砂利道?

冒頭にも紹介しましたがグラベルロードバイクのグラベルという言葉の意味は、砂利道という意味があります。本来ロードバイクは、速さを追求した自転車のため、タイヤは細く砂利道を走ることを推奨することはまずありません。タイヤが細いため簡単にスリップしてしまうので、危険が多い印象があります。

グラベルロードバイクはタイヤが太い

グラベルロードバイクの特徴の1つは未舗装の道路でも難なく走行できるように、太いタイヤを採用していること。通常のロードバイクは、小さな段差でさえ避けて走行したいところですが、グラベルロードバイクでは全く気にせず、自由度の高い走行ができるというようなコンセプトの車種を指します。タイヤの太い自転車といえばマウンテンバイクなどありますが、実際には28c~35cなどのやや太いサイズが一般的です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年1月9日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません