あなたの街にもあったはず!昔の自転車屋さんは儲かる職業だった?

あなたの街にもあったはず!昔の自転車屋さんは儲かる職業だった?


今から40年以上前の日本。どの街にも小さな自転車屋さんがありました。タイヤに空気を入れてもらったり、パンクを直してもらったり…。不思議なのは、「どうやって儲けていたのだろうか?」ということ。さて、今日は自転車のタイムトリップでも楽しみましょうか。

約40年前の自転車人口

1970年当時、日本の自転車保有数は、約2,764万3千台でした。当時の日本の総人口は、約1億466万5千人なので、大体4人に1人は自転車を持っていた時代です。その数値を見ると、昔は自転車が主流で、自転車屋さんが安泰だった感じがしますよね。でも、自転車保有台数は年々増加し、2013年には2人に1人が持っているとの発表がありました。なぜ昔の自転車屋さんは儲けられたのでしょうか。

我が国の平成25年の自転車保有率は1.8となっている。この数値は、国民2人に1人以上はほぼ自転車を保有しているということを示している。引用元: http://www.soumu.go.jp/main_content/000354710.pdf

強いコネクションがあった

昔の自転車屋さんは、警察や郵便局、新聞屋などに自転車を卸していました。昔の自転車屋さんの多くはカブと呼ばれた原動機付自転車(通称原付)も取り扱っていました。今でも新聞配達というと、カブを連想しますよね。個人で購入する時は、値切ることもありますが、官公庁は定価で支払います。昔の自転車屋さんは、自転車や原付を定価で販売することで、安定した収入を得ることができました。現代にも当てはまる操業形態です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年2月5日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません