5歳児決死の163km走破に大人たちも号泣!自転車の感動する6つの話

5歳児決死の163km走破に大人たちも号泣!自転車の感動する6つの話


外国人が感動した、日本ならではの出来事

日本で起きた出来事が、海外の人たちを驚かせ、そして大変感動させました。ある人が、不注意で他人の自転車を倒してしまい、その時に、その自転車のベルが壊れてしまいました。どこの誰の自転車なのかもわかりませんから、当然、謝罪も連絡もできません。悩んだあげく、その自転車のカゴに1,000円と、「申し訳ありません」という手紙を置いて立ち去ったのです。こんな事は海外では絶対に有り得ないと、大きな反響を呼びました。

涙なしでは見られない自転車映画

自転車映画の名作といわれた作品です。家族3人で極貧生活の中、アントニオが手に入れた仕事には自転車が必要でした。家のシーツを質に入れて、やっとの思いで購入した自転車だったのに、なんとそれが盗まれてしまいます。息子と一緒に必死に探しますが見つからず、途方に暮れたアントニオは、今度は自分が自転車を盗み、捕まってしまうのでした。解放され、罪の意識に涙を流し、夕暮れの街を歩いて行く父子の姿が印象的です。

これは面白いです。貧しい国とはこういうものだ。というのをリアルに描いた映画です。今の日本人はこの映画を観るべきだと思います。
仕事がない。だから金がない。生きるので精一杯。だから夢なんか持てるはずもない。そうなると世は腐ります。でも、そればかりはもうどうしようもない。だって貧しいんですから。世の中は一部の人間が甘い蜜を吸うように出来ているのです。
どれだけアントニオががんばって仕事を探しても、チャリを盗まれ犯人は捕まらず、自分はみじめな思いをして、息子と歩くことしかできない。見栄をはって行った高級レストランでは、他の裕福な客達との差を感じ更にみじめになる。
ハッキリとしたオチはないです。ただ「どうしようもねぇ」といったかんじで、街の雑踏の中に消えて終わるのです。そこがあまりにもリアルすぎて、切ないです。
引用元: http://tomotomo90.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/%E4%B8%83%E6%9C%AC%E7%9B%AE%E3%80%8C%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E6%B3%A5%E6%A3%92%E3%80%8D

半身不随ライダーの不屈の精神にリスペクト

So glad to be back! I feel like me again :-) Check out the vid - link in my profile http://gmbn.eu/BackOnTrack

Martyn Ashtonさん(@martynashton)が投稿した写真 -

マウンテンバイク界の伝説の男とまで言われたマーティン・アシュトンさんは、事故により半身不随となってしまいましたが、家族や友人に支えられ、事故から2年後、再びマウンテンバイクに挑戦したのです。友人たちにサポートされながら、笑顔で険しい山道を下りて行くアシュトンさんを、誰が半身不随だと思うでしょうか?もう一生マウンテンバイクに乗ることは無いと思われたアシュトンさんの、華麗なる復活となりました。

まとめ

自転車にまつわる感動の話を、いくつかご紹介しました。心に響いた話はありましたか?子供の冒険であったり、親子の思い出や友情など、どれもみんな愛が感じられましたね。このような感動の話を見聞きして、今まで以上に自転車が好きになったのではないでしょうか?これからも自転車を愛し、大切にして、あなたの感動のストーリーを作って行ってください。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年12月7日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz