子乗せ自転車の防寒対策!おしゃれで使えるものをご紹介します

子乗せ自転車の防寒対策!おしゃれで使えるものをご紹介します


前座席用防風・防寒カバー

こちらも前の座席用ですね。からも風からも守ってくれるカバーになります。冷たい風にさらされるわが子を見るのは辛いもの。これさえあればしっかり防寒できます。梅雨の時期や、天気の変わり目で急に寒くなったり雨が降ったりしても、これ1つあれば大丈夫。季節を問わず使える上、汚れてもすぐに洗ってきれいにできますので、お母さんも安心ですね。

防寒は自転車に乗る前からしっかりと!

自転車に乗っている時だけでなく、乗る前と降りてからも油断せずにしっかり防寒してあげたいですよね。そのためには、襟元や頭など普段外にお出かけするとき以上に、寒さから身を守る格好をさせてあげる必要があります。自転車に乗っている時は普段外を歩くときより風が冷たく感じますからね。そんな時におすすめのグッズをご紹介します。

ニットの帽子とマフラーで暖かく

こちらは、ニット帽とマフラーのセット。子供は髪の毛が大人よりも少ないですから、帽子をしっかりかぶせて、耳元までカバーできるといいですね。また、マフラーにボタンがついているので、きっちり止めることができます。子供が動いたり、自転車で多少がたついた道を走ったとしても、落ちてしまうことがないので安心です。

ニットの帽子とネックウォーマー

こんな可愛いものもありますよ。これは、帽子とネックウォーマーが一体になったもの。顔まわりはちゃんと開いているので、息苦しくなることもありませんし、ほかほかに暖かくしてあげられます。しかも脱げにくいのがいいですね。自転車に乗っていて怖いのは落とし物です。気づいたらない!どこで落としたかわからない!と、あきらめてしまった経験ありませんか?これならそんな心配はいりませんね。

子供用手袋

防寒グッズの必需品の中に手袋がありますね。でも子供は落とし物が多いもの。おもちゃに帽子、靴に手袋は落とし物の常連です。でもこの手袋なら、首にかけて使えます。もし後ろの座席で子供が手袋を外してしまっても大丈夫。落ちる心配はありません。首にかけて使うタイプの手袋は、紐が首に巻き付いてしまう恐れがあるので敬遠される方もいるかもしれませんが、自転車に乗る時だけこの手袋にするのはどうでしょうか?

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年12月19日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz