だって初心者なんだもん!もう手遅れ?錆びてしまったクロモリの修復

だって初心者なんだもん!もう手遅れ?錆びてしまったクロモリの修復


皆さんは自分の自転車のクロモリ手入れする時、どのような方法で手入れをしていますか?意外にめんどくさい、メンテナンスしようとしてもどれが一番きれいになるのか分からない等、ここでは簡単にクロモリを手入れする方法を紹介していきたいと思います。

クロモリは長く使える

ロードバイクでクロモリが選ばれる理由としてはメンテナンスのしやすさにあります。メンテナンスを定期的に行っていれば長く使うことができるからです。また、長距離走行に向いているため選ぶ方が多いのです。日常的に使用もできるのでカーボンやアルミよりも選ばれています。カーボンだと性能は良いかもしれませんが、どうしても値段が高くなってしまったりして、買うことを悩んでしまうこともあると思います。

雨天走行後のメンテナンス

晴れの日だけロードバイクに乗るなら、クロモリの手入れはそれほど必要ありません。ただ、の日にも乗る方もいると思います。クロモリは鉄にクロムと、モリブデンを添加したものなので、アルミやカーボンよりさびやすくなっています。そのため雨の日に走行した場合は、すぐに水分を拭き取ることが一番簡単なメンテナンス方法です。また水をはじく成分のあるグリスを事前に塗っておくとさびにくくなるでしょう。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年12月20日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません