EDになるって本当?自転車とインポテンツの関連性を徹底分析

EDになるって本当?自転車とインポテンツの関連性を徹底分析


自転車のサイズやポジションによる

リラックスして自転車に乗る為には、自分に合ったサイズやポジションを見つけて自転車に乗ることがとても重要です。ですから、自分の体型には合わないのに、大きめの自転車に乗ってみたり、スピードを上げて走りたいがために、極端な前傾姿勢で腕や肩に力が入ったままペダルをこいだりするのは、EDを引き起こしかねません。

重い荷物を背負うことによる

これも、サドルと関係があるかも知れませんが、サドルにかかる体重が重いと、それだけ圧迫も強くなります。通勤などに自転車を使っていて、パソコンなどが入った重いリュックなどを背負いながら自転車に乗っていたら、要注意です。

しかしいずれの原因も、自転車に乗るからEDが起こってしまうというのではありません。自転車に長時間乗る人がEDになる可能性があるのです。ですから、一般的に自転車に一日2時間以上乗るという方は、EDに注意した方が良さそうですね。自転車の乗車時間に気をつける以外にも、対策はまだまだあります。

サイクリングEDにならない為の対策

適度に休憩を取る

シェイプアップに励むことに集中していると、ある程度長い間自転車をこいでしまいがちになります。しかし、適度に休憩を取って、会陰部分あたりや、血管などを圧力から開放してあげましょう。そうすることで、EDを防ぐことになります。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年11月30日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません