EDになるって本当?自転車とインポテンツの関連性を徹底分析

EDになるって本当?自転車とインポテンツの関連性を徹底分析


自転車は手軽な運動手段として、多くの人が生活の中に取り入れています。以前は電車やバスで通勤していた人も、健康のことを考えて自転車通勤に変えた人もいるでしょう。しかし、まことしやかに、自転車に乗るとインポテンツ(ED)になるという「サイクリングED」が噂されています。今日は、この「サイクリングED」の原因や対策についてご紹介していきたいと思います。

サイクリングEDとは?

EDとは、もともと糖尿病者や高血圧などの生活習慣やうつ病などの心因が原因で、いざという時に勃起せず、性交渉が行えない状態に陥る認識がありましたが、自転車がブームになるにつれ自転車が原因でEDになってしまう人、通称「サイクリングED」が出てきているのです。

この自転車とEDの関連性は,例えば喫煙が肺がんの決定的な原因の一つに挙げられる程、はっきりとは実のところまだわかっていないのです。正直、関連性があるかもしれないし、ないかもしれないという非常にあいまいなグレーゾーンという状態です。しかしながら、多くの医者や専門家が自転車に乗る際に気をつけなければ、EDになり得るだろうと見ているのです。一体どのような原因があるというのでしょうか?

サイクリングEDの原因とは?

サドルの高さや形状による

自転車でも特に、クロスバイクロードバイクサドルはとても細く、硬いです。このような場所に前屈みで長時間乗っかかると、会陰部分を圧迫し続けることになり、血行障害になったり、神経を傷つけてしまったりしてEDを引き起こしてしまう可能性は十分にあります。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年11月30日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz