自転車をデザイン?パーツを変えて自分色にカスタマイズ!

自転車をデザイン?パーツを変えて自分色にカスタマイズ!


色のセンスに自信がない

色選びはセンスだけじゃないんです

カラフルにしたいけれど、色のセンスに自信がないと悩んでいる人もいるかもしれません。でも相性の良い色を探すのはカンタンです。色相環というワードでネット検索してみましょう。色のついた丸が出てきますよ。あの丸で隣り合う同士の色や正面にある色(例えば赤と緑など)は、相性の良い色です。逆に45度の角度にある色(青と紫など)は相性の悪い色です。この事を頭に入れておけば大丈夫ですよ。

もっとハイセンスな色使いをしたいなら

under a rainbow

もっとステキな色使いを目指したい人は、色の濃さを意識するのはどうでしょう。例えば各パーツを違う色にする場合、色の濃さを統一するとまとまります。逆に同じ色だけど、濃さを変えて統一するという事もできます。これが出来ると色彩センスの上級者ですね。

実物が見たいなら大型専門店がおススメ

Great color scheme
やはり実物を見て選びたい…そんな人は専門店がおススメです。大型店でしたら品揃えも多く、見ているだけでも楽しいですよね。また、近くのお店なら自転車を持ち込んで買ったその場で交換してもらうということもできます。少し遠くても、出かけてみましょう。一度は実物を見てから買うと失敗も少ないですよ。お店の人に質問すると思わぬ収穫がある場合もあります。 

取り換えはまずは専門家に頼みましょう

次はパーツの取り換えをどうするかという問題です。取り換える部分にもよりますが、専門家にお願いするのが一番いい方法です。特にタイヤ周りなどは、少しのミスが大けがにつながることもあります。一番いいのは行きつけの『地元の自転車屋さん』を持つことです。通販で買ったものも取り付けてくれます。多少の工賃がかかっても安心ですよね。また自転車屋さんでは、パーツ交換などの講習会を定期的に行うお店もあります。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz