クロスバイクをカスタム。手放したくないくらいおしゃれにするには?

クロスバイクをカスタム。手放したくないくらいおしゃれにするには?


街のショッピングモールでは、自転車専用の1台ずつ整然とした駐輪場をよく見かけるようになりました。一見自転車の展示場のようです。中には素敵にカスタムしたクロスバイクがあり、目立つので、持ち主は自分のクロスバイクだとすぐ気づくでしょうね。今回は、クロスバイクをおしゃれにカスタムするグッズをご紹介します!

簡単にできるおしゃれ改造

kojiさん(@mokke24)が投稿した写真 -

乗り心地やポジションが気になって、本格的にクロスバイクのカスタムをするなら、結構費用もかかります。とりあえず購入したばかりで、ほかの人の自転車とひと味違うビジュアルにしたいのなら、小さなパーツから交換していくのも手です。サドルを交換しただけでもだいぶ雰囲気が変わり、取り付けは初心者でも30分あれば簡単にできます。また、いろいろな模様のサドルカバーも売っているので、その日の気分で換えるのもありです。

自分の好きな、自由なカスタムを楽しもう!

クロスバイクに限らず、自転車のパーツは想像以上に多いです。最近は遊び心で、個性的なパーツや見た目が変わっているフレームまで作っているメーカーがあります。ヨーロッパのスポーツバイクはバイク自体がおしゃれですが、パーツやアクセサリーになると、俄然アメリカやオーストラリアなどが個性的なアイディアで、面白いグッズを考えだすのが得意のようですね。まずはベル1つからでも、カスタムを楽しむことからはじめましょう!

上のクロスバイクは全体のカラーがブラックだったようです。タイヤの色を赤に変えて、サドルも雰囲気に合った色にしたら、センスのいいクロスバイクになりました。アクセサリーもおしゃれ、シンプルで無難ですが品があります。購入時、中には最初からカスタムするつもりの人もいるかもしれませんが、購入したてはそのまま乗っていても、しばらくすると、ちょっと飽きた、もっとかっこよくしたいなど、いろいろな理由でカスタムしたくなってきます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年11月29日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません