懐かしい自転車の「ハブステップ」。そもそも「ステップ」って何?

懐かしい自転車の「ハブステップ」。そもそも「ステップ」って何?


みなさんは、自転車の「ハブステップ」をご存知ですか?「六角」「ステップ」「自転車に付ける棒」なんて呼ばれています。もう、お気づきですか?一昔前に、二人乗りで使われていたあの棒のことです。今回は「ハブステップ」と「BMXハブステップペグ」について探ってみます。

ハブステップって、本当は何に使うの?

「二人乗りするときの棒」って、それは完全な交通違反ですよね。そんな専用棒があるの?と思われたかもしれません。実は、この「ハブステップ」には、きちんと役割があり、転倒時に変速機(ディレイラー)をガードするためのものです。自転車が倒れたときに、先にハブステップが地面につくことで、変速機の破損を防ぐという役目をはたしています。

やはり、自転車から突起物が出ているのは危険で、歩行者にあたってケガをさせてしまう可能性もあります。またネーミングに「ステップ」とついていることから、「変速機を保護するもの」とは建前で、やはり二人乗りに使用されてしまうようです。現に地域により異なりますが、条例違反となり、取り付けていると警察に呼び止められることもあります。

とはいえ、本当に変速機(ディレイラー)を保護したい方もいるでしょう。そんなときには、きちんと「ディレイラーカバー」なるものが存在します。リアディレイラーとエンドの破損を防ぐものです。「ハブステップ」ではなく、こちらを使用することをおすすめします。

危険なのでハブステップの使用はやめましょう

最近は「ハブステップ」をあまり見かけなくなりました。二人乗りでよく使われた時代に、歩行者とすれ違う際にケガをさせる、転倒時に運転者を傷つける、また、本来は人の体重の負荷がかからない自転車の部分の破損などが起こることから、警察を中心に取り付け禁止という動きになりました。もちろん二人乗りなんてもってのほかです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年11月25日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz