子どもの自転車デビューはいつから?安全面を考慮したおすすめの選び方

子どもの自転車デビューはいつから?安全面を考慮したおすすめの選び方


いよいよ自転車デビュー!

三輪車、ストライダーを乗りこなしたら、次はいよいよ自転車デビューですね。でも、どんなものを選んだらいいのでしょうか?いろいろあって迷ってしまいますよね。子どもにぴったりの自転車を選ぶ時のポイントをお伝えします。

サイズは今に合うものを選びましょう

自転車を選ぶ時、長く乗せたいからと大きめのものを選んでしまいがちです。しかし、子どもの足が届かなかったり、ブレーキを強く握れなかったりして、今乗れないものを選んでしまうと、結局しばらく自転車はおあずけになってしまいます。ちゃんと試乗させて、子どもの足がきちんと地面に届いているか、ブレーキが力強く握れるか、ペダルが重くて漕ぎにくくないか、ハンドルを自分の力で動かして方向転換ができるかなどをしっかり見てあげましょう。

PEOPLE(ピープル)の自転車は、カラフルでおすすめ。サイズ調整ができるので、長く使用できます。14インチタイプもあるので、自転車の補助輪外しをスタートしたい子どもにも使いやすいサイズです。大きな自転車は、かっこいいですが、始めからあまりサイズが大きすぎると、子どもには乗りにくくなってしまいます。(大人でも、そうですよね)14インチぐらいの時から、自転車を練習し始めると、補助輪外しへの移行もスムーズになるかもしれませんね。引用元: https://feature.cozre.jp/39018

子どもの好きなものを選んであげましょう

自転車選びは基本的にお母さんやお父さんが行うと思いますが、最終決定はお子さんに任せてあげるといいでしょう。自分のものだと自覚させることで、その自転車を大切に扱うようになります。車のメーカーなどのブランド物から大手スーパーのオリジナルブランドまで、いろいろな種類の自転車があります。お子さんの乗れるタイプの自転車をいくつかピックアップして、色やデザインなどの最終判断はお子さんに任せて見守ってあげるといいでしょう。

危険を回避しましょう

自転車はこれで決まりましたね。でも、お買い物はこれだけではありません。補助輪のついている自転車だからと言って、転ばないとは限りません。慣れないうちは、自転車ごとひっくりかえってしまうのも、よくあることです。自転車には危険がつきものです。公道を走る機会もありますし、転んでけがをしてしまうこともあるでしょう。そのために、必要なものを揃えておきましょう。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2017年8月4日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz