自分流ロードバイクのレシピ。自作ステッカーで簡単カスタム!

自分流ロードバイクのレシピ。自作ステッカーで簡単カスタム!


「パソコンでデザインする」と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、ステッカーシートを購入すると、ステッカーの詳しい作り方が書かれているので初めての方でも安心です。また、購入者はパソコンでサイトに登録するだけで、無料で使えるテンプレートをダウンロードすることができるので、自分でデザインしなくても簡単にオリジナルステッカーが作成できますよ。テンプレートは1000点以上あるので、誰かとかぶる心配もありません。

通販で買える!ステッカーシートは2種類

シールのようにペタっと貼れるシートタイプ

自転車のステッカーを作りたい場合は、こちらのシートタイプがおすすめです。転写シールのようにペタっと貼れるので、仕上がりもきれいで剥がれにくいのが特徴です。また、下地の色に関しても、『白地』のタイプや『透明』のタイプ、メタリックやキラキラしたタイプのものなどさまざまです。しっかりと貼りたい方には“強粘着タイプ”を、剥がれやすさを考慮したい方には強粘着ではないものをそれぞれ選ぶようにしましょう。

好きな時にはがせるマグネットタイプ

車や屋外での掲示物などに適しているのが、こちらのマグネットタイプです。もちろん自転車に使用しても良いのですが、貼れる面積が狭い自転車は、貼る部分によっては走行中に剥がれてしまう可能性があるため、あまり向いていないかもしれません。しかしながらマグネット部分は超強力なので、日替わりや気分でデザインを変えたい方などにはおすすめです。

作成時の注意点

1.ステッカーは防水タイプのものを選ぶ

ロードバイクなどの自転車に使用するステッカーシートは、必ず“防水加工”が施されたもので、”UVカット”の付いた『屋外用』のものを選ぶようにしましょう。や風、日差しを受けて使用するものですから、きちんとした加工のされていないものではすぐにダメになってしまいます。シートには大きく『自動車・自転車専用』などと書かれているので、迷ったときにはそう書かれたものを選ぶと良いでしょう。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年11月10日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません