冬の自転車便利グッズ!本格的に寒くなる前に必要なものをチェック

冬の自転車便利グッズ!本格的に寒くなる前に必要なものをチェック


身体を寒さから守る

ロードバイクなどのスポーツ自転車は、冬に乗ると本当に寒いです。冬はオフシーズンにして、屋内のローラーでトレーニングをする方も多いでしょう。しかし、それでも外で走りたい元気なサイクリストの方にオススメの冬ウェアをピックアップしました。基本、上半身はインナーウェアの重ね着+ウィンドブレークジャケット+ウィンドブレーカー、下半身はビブタイツ+ウィンドブレーカーという方が多いですね。

快適インナーウェア

まずは、インナーウェアからみていきましょう。いまや、温かい肌着の代名詞が「ヒートテック」です。とても温かで、寒くなると皆さんこれを着て出かけます。しかし、自転車の長距離に乗るとなると、少し話が違ってきます。商品の特性上、乾きが悪いので、汗をかきやすいスポーツには不向きと言えるかもしれません。おすすめのモンベルの「ジオライン」は軽量で速乾性に優れているので、寒い季節の汗をかく運動に適しています。

風を防ぐウィンドブレークジャケット

インナーの次はアウターです。寒い空気から身体を守るために、ウィンドブレークジャケットを着ます。動きやすさと暖かさを兼ね備えています。透湿機能に優れていて、汗をかきやすい背中には通気性の高い素材を使っています。ただ、この背中の部分も本当に寒いときには風を通し冷えてしまうので、上からウィンドブレーカーを着ます。基本的には上半身は薄手のものを重ね着し、ジッパーの開閉で体温調節をするのが最適です。

あったかビブタイツ

続いて、ボトムスです。冬は多くの方が「ビブタイツ」をはきます。ビブタイツとは、股上の深いタイツで、肩にかけてはくツナギのパンツのことです。冬用ビブタイツは伸びがよくて、保温性と透湿性の高い素材を使っています。動きを邪魔せず、快適にペダリングができます。背中が出て、寒い風を受けるということはなく、腰まで暖かです。お尻にもパッドが入っているので、お尻の痛みを軽減します。

+ コメントがありません