冬の自転車便利グッズ!本格的に寒くなる前に必要なものをチェック

冬の自転車便利グッズ!本格的に寒くなる前に必要なものをチェック


急に気温が下がってきた今日この頃。通勤通学の自転車でもそろそろ手袋が欲しい季節になってきました。また、観光にも最適なシーズンとなり、紅葉狩りなどで山を走る方もいるでしょう。今回は、秋、そしてこれからくる冬に必要な自転車グッズをご紹介します。

おすすめ防寒グッズ

風をきって乗る自転車は、身体のあらゆる場所が冷えてきます。真冬は手がかじかみ、ハンドルを握る手に力が入りません。また、足先は冷え、ジンジン痛くなってきます。頭はヘルメットの穴の部分から冷たい風が入り、耳はちぎれそうなほど冷たく、痛くなります。おすすめ防寒グッズを頭の先から順に、ご紹介します。本格的な冬が始まる前に揃えてみてはいかがですか?

頭部の寒さを防ぐ

ヘルメットカバー

自転車に乗るときにヘルメットをかぶりますね。夏は暑く蒸れますが、冬は防寒にもなります。でも、スピードがでるスポーツ自転車だと、隙間からの風が頭を冷やします。それを防ぐのが、ヘルメットカバーです。そのままヘルメットにかぶせれば、穴からの風の進入を防ぎます。暗くなるのが早い冬は、これくらいの黄色で可視性を高めるといいですね。

暖かいバラクラバ

ヘルメットの下に装着するものには、ヘッドウォーマーやバラクラバ(めだし帽)などがあります。耳は寒さに弱いので、ヘッドウォーマーでついでに隠すのがいいですね。おすすめのバラクラバは、頭・耳・首を同時に、おまけに顔も覆えるので暖かです。費用面からいっても、部位ごとに単品で買うよりも、バラクラバを1つ買ったほうがお値打ちになります。アウトドアメーカーのモンベルのものが評判です。他のウィンタースポーツにも使えて便利ですね。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz