初心者でもできるクロスバイク改造方法!カスタムパーツで楽しむ乗り心地

初心者でもできるクロスバイク改造方法!カスタムパーツで楽しむ乗り心地


簡単にできるのは、専用の洗剤を利用して拭いていく事です。おすすめはフィニッシュラインから販売されている、バイクウォッシュという洗剤です。サビを防いでくれる効果もあり、みるみる汚れを落としてくれます。ウエスはいらなくなったTシャツなどでも構いませんが、拭き取りの楽さを考えるとやはり専用のウエスがおすすめと言えるでしょう。

詳しくはこちら

注油をしてはいけない部分

・ブレーキシュー
・ヘッドパーツ
・ボトムブラケット
・ペダル
・前後バブ

快適な走行のために定期的な注油を行う事は大切ですが、気を付けて頂きたいのは注油をしてはいけない部分です。ブレーキが利かなくなるなどの予期せぬ事態を防ぐためにも、注油していい場所をしっかりと確認しながら、慎重に作業を行っていきましょう。

注油方法と注油箇所

誰でもできるカスタム初級編

自転車改造中、普段慣れない事をしたら疲れた予定してたBBQも台風の為中止に…#クロスバイク#自転車メンテナンス#台風のバカ #TREK#kaitai#trekkaitai

@0102takeが投稿した写真 -

カスタムにはさまざまなものがありますが、ブレーキ周りのワイヤーやコンポーネントなど、初心者の方は手を出さない方がいい部分も多々あります。では、はじめてのカスタムでも安心して行える作業とは、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは誰でも簡単に愛車に手を加える事ができる、初心者向けのカスタム方法についてご紹介します。

グリップの交換やハンドルカット

初心者でもできる簡単なカスタムの一例が、グリップの交換やハンドルカットなどが挙げられます。一見変化が見られない部分にも見えますが、形や素材が違うだけでも乗り心地が変わってきます。バーエンドバーがついているグリップを選べば、乗車時のポジションも増えますよ。デザインが豊富なバーテープで彩りを加えてみるのもいいかもしれませんね。またハンドルを短くする事で脇が締まり、スポーティーな乗車姿勢をとる事ができます。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

1 コメント - "初心者でもできるクロスバイク改造方法!カスタムパーツで楽しむ乗り心地"

avatar
並び替え:   新しい順 | 古い順 | 最も評価の多い
とっぴん

揚げ足を取るつもりは毛頭ありませんので、ご理解ください。
「洗車を定期的に」というのは大賛成です。
が、「濡らしてはいけない部品がある」と書かれていることについては、反対意見を持っています。
だって、雨の日にライドすることもありますから、濡らしちゃいけないなんて言われたら、大変なことになっちゃう。
要は洗車後の処置の仕方が適切かどうかです。
確かにチェーンやギヤの錆は怖いですが、処置が適切なら錆びることはありません。
例えば、濡れた場合は551など水置換のできる液体で処理する、水溶性の防錆剤を使うなどです。
私はイソプロピルアルコールで水置換してから、551を噴きつけています。
もちろん、ちゃんと油は差します。
だから私は、フリーハブやBBに水圧をかけることはありませんが、普通にホースで水をかけて洗うぐらいのことはやっていますよ。

wpDiscuz