初心者でもできるクロスバイクの改造!パーツを変えて楽しむ乗り心地

初心者でもできるクロスバイクの改造!パーツを変えて楽しむ乗り心地


簡単にできるのは、専用の洗剤を利用して拭いていく事です。おすすめはフィニッシュラインから販売されている、バイクウォッシュという洗剤です。サビを防いでくれる効果もあり、みるみる汚れを落としてくれます。ウエスはいらなくなったTシャツなどでも構いませんが、拭き取りの楽さを考えるとやはり専用のウエスがおすすめと言えるでしょう。

詳しくはこちら

注油をしてはいけない部分

・ブレーキシュー
・ヘッドパーツ
・ボトムブラケット
・ペダル
・前後バブ

快適な走行のために定期的な注油を行う事は大切ですが、気を付けて頂きたいのは注油をしてはいけない部分です。ブレーキが利かなくなるなどの予期せぬ事態を防ぐためにも、注油していい場所をしっかりと確認しながら、慎重に作業を行っていきましょう。

注油方法と注油箇所

誰でもできるカスタム初級編

カスタムにはさまざまなものがありますが、ブレーキ周りのワイヤーやコンポーネントなど、初心者の方は手を出さない方がいい部分も多々あります。では、はじめてのカスタムでも安心して行える作業とは、どのようなものがあるのでしょうか?ここでは誰でも簡単に愛車に手を加える事ができる、初心者向けのカスタム方法についてご紹介します。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月27日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません