スタイリッシュな電動アシストは、折り畳んで持ち運べる素敵なヤツだった

スタイリッシュな電動アシストは、折り畳んで持ち運べる素敵なヤツだった


電動アシスト自転車というと、大きなバッテリーが目立ち、子乗せタイプなど実用車的な車種を連想しますね。最近は、少しずつ子乗せ以外の車種も各社から登場し始めてます。電動アシスト自転車も趣味の領域に近づきつつあるという事でしょうか。今回ご紹介するのは、Daytona PotteringBike からリリースされているDE01という機種です。

Daytona PotteringBikeって?

オートバイにお乗りの方はご存知かもしれませんが、オートバイの部品、用品を手掛けるメーカー。東証JASDAQ上場企業の(株)デイトナが開発したオリジナル車両との事です。このデイトナが、ポタリング(自転車での散歩)に電動アシストの楽しさを提案したい。オシャレに電動アシスト自転車に乗りたいというニーズに向けて提案するブランドなんです。

DE01って何が凄いの?

最初に見て目に付くのはサドル後ろのレザーバッグ。何とこれがバッテリー。小さく可愛らしいですが、子乗せ3人乗りの車両と比べても見劣りしない十分な容量です。このバッテリーで後輪のモーターを駆動する電動アシスト自転車ですが折り畳みが可能!畳むことでクルマに積んだり、玄関先に保管したり、専用のバッグに入れれば列車での輪行も可能なんです。重量は16キロ強あるので、軽々とは行きませんが、今までの電動アシスト自転車から比較するとかなり軽量と言えるでしょう。スタイルは、楕円のパイプを2本組み合わせたクラシカルな雰囲気の個性的なデザイン。個性的ですが、どこか懐かしいモダンクラシックなイメージです。

実際のところ乗ってみた

他の20インチのミニベロとそん色ない感覚で跨がれます。バッテリーの電源スイッチを入れるとLEDの残量計が点灯し、スタンバイOK。ハンドル回りにはメーターらしきものはありません。メーカー曰く、極力シンプルな構造にしたかったという理由があるそうです。ペダルを踏みこむと滑らかにアシストが立ち上がり、グイっと加速をしてくれます。この感覚が結構新鮮で楽しい!電動アシストは楽な自転車と認識してましたが、実は楽しさもあったんだと改めて思った瞬間でした。変速機は7速(上級グレードのDE01Sは10速)ありますが、するすると速度が上がってすぐにトップギアに入ってしまいます。法律上規制されている24km/hを超えてからはアシストはゼロになっているのですが、軽量車体ということもあり、ストレスなく走ることが出来るのは驚きです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月26日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz