TIMEのロードバイクはやっぱりスゴイ!『またタイムは未来へ』

TIMEのロードバイクはやっぱりスゴイ!『またタイムは未来へ』


フランスの至宝「TIME」は、サイクリストならいつかは乗ってみたいという憧れの自転車ブランドです。最先端の技術でプロをも魅了するTIMEの2017年モデルをご紹介します。ハイエンドバイクがネーミングも新たに「SCYLON」(サイロン)に生まれ変わりました。

TIMEの技術

TIMEの着想は、さらなる振動減衰性能です。おおよそ10年間の研究と3つの特許を応用して「アクティブフォーク」を開発しました。このアクティブフォークを搭載したモデルは、内蔵したチューンド・マスダンパーにより、振動の発生箇所、しかも路面に近い箇所で減衰効果を発揮できるように成功しました。この技術はエネルギーロスに繋がる柔軟性に頼った振動吸収システムとは一線を隔しています。

2017年 NEWモデル SCYLON (サイロン)

2017年TIME SPORT社のフラッグシップモデルの旧「SKYLON」(スカイロン)が、「SCYLON」(サイロン)に変わりました。30周年を記念したペイントやカスタムカラーが豊富になり、価格がプラスになりますが、自分好みのサイロンが手に入ります。また、トライアスロンモデルの「サイロンTRI」もラインナップ、2017年特別モデル2種も加わり、選択肢が広がっています。

SCYLON (サイロン)

TIME SPORT社のフラッグシップモデル「サイロン」は、今回旧モデルの「スカイロン」より、ねじれ剛性6%up、BB剛性5%up、その他各部のすべてを見直しました。現時点でTIMEが世に送り出せる最高傑作のモデルであるといっています。フォークは2種類から選択可能で、ノーマル形状の「クラシックフォーク」と、ブレードに振動吸収を高める減振システムが内蔵の「アクティブフォーク」から選べます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月25日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。

+ コメントがありません