ロードバイクで旅行に行きたい〜持ち物から行き先まで全部ご紹介

ロードバイクで旅行に行きたい〜持ち物から行き先まで全部ご紹介


ロードバイクを手にした人なら誰もが憧れる自転車旅行。愛車で旅に出かけることができたら素敵ですよね。しかし普通の旅行とは違い、持ち物や行き先を自分で考えるのは骨が折れます。自転車旅で役立つ持ち物や、初心者の方も安心して挑戦できるおすすめの行き先まで、ご紹介します。

リュックが無難。用途に合わせたバッグ選び

旅行に行くなら荷物を持つのは常識です。ロードバイクで旅をするならば、なるべく荷物はコンパクトにしたいところです。初心者さんにとって一番入りやすいのは、やはりリュックサックでしょう。背中が蒸れる理由からリュックを持たない人もいますが、最初から身軽に旅に出かけるのは難易度が高いです。まずはしっかり入るリュックサックを準備しましょう。防水機能が付いていない場合は、ポリ袋に入れると、中身を保護することができますよ。

リュックだけでなく小バッグの組み合わせも

前、後ろ自由自在!ロードにバッグを装着

日帰りの旅や、自転車旅の経験者なら、コンパクトにまとめてロードバイクにくくりつけるのも可能です。ハンドルバーやフレーム、シートポストにもバッグを装着することができます。リュックだと腰や背中に負担がかかるという方や、どうしても荷物が多くなりがちな女性のサイクリストの方には、ラックの取りつけがおすすめです。ラックとは荷物を載せるためのキャリアで、大容量のパニアバッグも装着することができます。

パッキングを細く分けて使い勝手を重視

ロードバイクにくくりつけるパッキングを選ぶ方は、フロント・フレーム・サドルで入れる持ち物を分類すると、旅がより快適になります。フロントバッグには使用頻度の高いスマホや財布を収納する人が多いです。フロントに重いものを入れると、ハンドル操作に影響が出るので避けるようにしましょう。逆にフレームバッグには工具などの重いものを入れます。そしてサドルバッグには着替えや、レインウェアなどかさばるものを中心に収納します。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月18日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz