自転車におしゃれなライトをセットしよう。はじめてのライト選び

自転車におしゃれなライトをセットしよう。はじめてのライト選び


 

おしゃれなカラーで

ライトのカラーを、さりげなくファッションに合わせて選ぶのもおしゃれです。カラーはピンク・ホワイト・ブラック・シルバーがあります。ライト本体の取り付け・取り外しが簡単にできるので、自転車から離れるときには、取り外して持ち歩くことで盗難防止にもなります。単3形アルカリ乾電池2本を使用し、点灯で約50時間使用できます。LED1灯で400カンデラです。サイズは40mm×89mm×28mmで、重さ約85gとなっています。

 

自転車にあわせたカラーで

カラーは8色で、ブラック・ホワイト・シルバー・ブルー・レッド・ピンク・イエロー・グリーンです。サイズは89mm×36mm×26mm、重さは78gです。単3形アルカリ乾電池2本、点灯で約30時間もちます。LED1灯で、約400カンデラのJIS規格適合のライトです。車から認識してもらうことと、法令違反にならないことを考える方に向いています。気軽な街乗り用ライトとして、自転車のカラーとコーディネートできそうです。

ソーラー充電できる便利さ

ニッケル水素充電池(ソーラーバッテリー)で、晴天時には太陽電池で充電されます。サイズは95mm×48mm×27mm、重さは65g(電池含まず)です。電池は単4形を3本使用します。このライトは正面方向だけでなく横方向にも光が出るので、正面ほどではなくても周りも照らすことができます。LEDが3灯あり、明るいライトです。単4電池が消耗しても、ソーラー充電電池でカバーできるという便利さがあります。

 

ライト正面はホワイトの光ですが、両サイドがブルーに光り、ハンドル周りが青く照らされます。このライトは30ルーメンとなっています。暗闇では不安ですが、街乗りではじゅうぶんな明るさです。光が幅広くひろがり、前方が見えやすく、自分の存在をアピールできる頼もしさがあります。晴天なら日中にソーラー充電できるところも、お手頃価格ながら、便利でスマートなフロントライトとして重宝するはずです。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月26日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz