自転車におしゃれなライトをセットしよう。はじめてのライト選び

自転車におしゃれなライトをセットしよう。はじめてのライト選び


フロントライトには価格も性能もピンからキリまであります。以前は乾電池タイプのフロントライトが主流でしたが、ここ数年で充電池タイプが普及しました。ビギナーさんがはじめてのライト選びに迷ったときのために、夜間のスポーツ走行ではなく、街灯で明るく照らされた道路での街乗りや、普段の通勤・通学での使用を目的とした、おすすめのフロントライトをセレクトしてみました。

コンパクトなフロントライト

シンプルですっきりとしたフロントライトです。LEDが1灯で400カンデラ、JISに規定された前照灯としての明るさをクリアしています。単3アルカリ乾電池1本で、約25時間点灯使用できます。サイズは31.8mm×25.4mm×22mmのスリムなライトです。カラーはシルバー・ブラック・ホワイト・ブルー・レッド・ピンクがあり、夜道を明るく照らすというよりも、自分の存在を知らせるためのライトといえるでしょう。

コスパのいい充電式

充電式のスタイリッシュなライトです。サイズは80mm×45mm×25mm、重さは約62gです。広い範囲のハンドルバーサイズに対応できて、着脱には道具要らずです。ライトを持ち歩くこともでき、盗難防止が可能となっています。普段の街乗りならじゅうぶんな明るさですが、郊外の街灯の少ない道ではもの足りないかもしれません。充電式ということを考えれば、街乗り用のコスパの良いフロントライトです。

 

乾電池式の場合には電池の出し入れが面倒、使用済の電池がゴミになってしまうなどの理由で、充電式を積極的に選ぶ方もみえます。USB2.0のケーブルが付属としてついていて、本体底面にUSBの充電端子があり、3~4時間でフル充電となります。フル充電後、ライトを毎日30分使用して約2週間使用できるようです。乾電池不要の充電式は軽いこともうれしいポイントですね。充電式ライトを一度使ってみたい方にもおすすめです。

ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz