ロードバイク×カジュアルファッション4選!気軽に街乗りを楽しもう

ロードバイク×カジュアルファッション4選!気軽に街乗りを楽しもう


ロードバイクに乗る際に悩むのが、服装です。もちろん自転車に乗る上で必要な機能を持ち合わせた、専用のサイクルウェアを着るのが最も安全ではあるのですが、街乗りで体のラインが出る格好は少々抵抗を感じると思います。では街乗りに最適な服装とは、どのようなものがあるのでしょうか?今回はカジュアルなファッションにスポットを当てて、ご紹介していきたいと思います。

カジュアルなウェアを選ぶ際のポイント

自転車に乗る事を想定して作られたサイクルウェアは、基本的に必要な機能を持ち合わせた一着となっています。現在では、スーツのようなウェアからカジュアルなものまで、さまざまなものが販売されていますが、サイクルウェアとして販売されているものは基本的に機能性に優れています。では、どのような点に注目して選んでいけば良いのでしょうか?快適に走行するためのポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

素材は吸水速乾性能に優れたものがおすすめ

Wataru Miyazaki 宮崎 渉さん(@wtrmyzk1985)が投稿した写真 -

自転車は、意外と激しい運動をする乗り物です。そのため走行中に大量の汗をかきます。汗をかいた状態で走行を続けていると、体が冷えてしまって体調を崩してしまう事があります。そのような事態を防ぐためにも、吸水速乾性能に優れたウェアを選ぶ事が重要となってきます。よく汗を吸い、通気性抜群で乾きやすいウェアを着れば、長距離走行時や街乗りでも不快に感じる事なく、快適なサイクルライフを楽しむ事ができます。

表面的な素材だけでいえば、コットンなどの肌触りのよいものであればより好ましいでしょう。引用元: https://kaumo.jp/topic/71258

サイズとデザイン

一般的な洋服を選ぶ際も重視するサイズ感ですが、サイクルウェアは大きすぎても小さすぎてもペダリングの妨げになる場合があります。また、外観の魅力を軽減してしまう結果にも繋がりかねません。現代では、おしゃれでかわいいウェアが数多く取り揃えられており、自由に選べる幅も広がりましたが、どんなウェアでも大切なのは自分の体にフィットするサイズのものを選ぶ事です。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月15日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz