おすすめの自転車を用途別にピックアップ!通勤用に最適な選び方とは

おすすめの自転車を用途別にピックアップ!通勤用に最適な選び方とは


通勤・通学・子供の送り迎えなどで、日々自転車を活用している方達は数多くいらっしゃいます。そんな日常の一部とも言える乗り物だからこそ、快適に乗るために使用目的に合わせた自転車を選ぶ事が重要となってきます。ではそれぞれの用途で使う自転車は、一体どんな種類のものがおすすめなのでしょうか?今回は、目的別に最適な自転車についてご紹介していきたいと思います。

自転車通勤に最適な選び方のポイント

通勤で利用する際に最もおすすめできる自転車は、クロスバイクとマウンテンバイクの2つだと言われています。ミニベロや折りたたみ自転車などもおしゃれではありますが、基本的にタイヤが小さいため、段差などの衝撃を体に受けやすく、神経を使います。スピードが出ないというのも難点ですね。漕ぎ出しの軽さや快適性を考えるとクロスバイクが最適ですが、安定感やパンクの不安を解消したいのなら、マウンテンバイクが最適と言えるでしょう。

おすすめの重さと素材

私たちが日常的によく見かける、ママチャリなどの自転車の重さは18~20kg弱なのですが、クロスバイクなど通勤目的で使用する自転車の場合、14kg以内が最適とされています。車体が重いとそれだけ漕ぎ出しの際に体にかかる負担も大きく、スピードもあまり出ません。逆に車体が軽ければそれだけ発進も速く、急な坂道や向かい風でも、車体の重みを感じる事なく走らせる事ができるんです。

よしkさん(@750boy)が投稿した写真 -

また素材は、アルミを採用している自転車がおすすめです。安価な鉄は、重く錆びやすいというデメリットがありますが、アルミは丈夫でにも強いので、万が一屋根のない駐輪場に置くことになっても、安心して停める事ができます。軽量なところも魅力のひとつですね。

耐パンク性能のタイヤ

@ellie8tが投稿した写真 -

クロスバイクに使うタイヤは、ロードと似たようなタイヤを使用しているので、ちょっとした段差を上がった際にパンクしてしまう可能性も考えられます。街乗りなど日常的に使う事を想定して作られたクロスバイクは、通常よりも太いタイヤを使用しているので、こまめに空気圧の確認を行えば問題ありません。それ以外の場合は、トレッド(溝)が深いタイヤに交換するのが最適です。パンクに強く、雨の日の操作性も良いので、快適に走る事ができます。

カテゴリ
タグ すべてのタグを見る

本記事は、2016年10月12日現在の情報です。実際の価格や在庫等が異なる可能性があります。ご了承くださいませ。
当記事に使用されている文章・画像・データ等は、まとめ作成者が記事の内容を説明するために選出したものです。また、この記事の情報(個人の感想等を含む)について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行ってください。
ログインしなくてもゲストとしてコメントが可能です。詳しく

コメントを残す

最初のコメントを頂けますか?

avatar
wpDiscuz